2010年08月13日

VSN MBO

MBOの実施及び応募の推奨に関するお知らせ

メイテックを追い出された「フサイチ」のオーナーが起こしたVSNも、ついにMBOという形で上場廃止になるようです。見る限りではオーナー独裁によるMBOではなさそうなのでその点では評価してもいいのかもしれませんが、そのMBOをそそのかした(?)のがSBIというのが非常に気になるわけで・・・。
タグ:VSN MBO SBI
| MBO

2010年04月16日

創業一族(が関連する)MBOは禁止にしたら?

今日書くことはそのものズバリ「妄言」に該当してしまうわけであり、そのことを十分に意識した上で書くのですが、明らかに「創業一族の資産防衛」を目的としたMBOが相次いで起こっています(と考えられます)。

4/16 東京美装 

4/15 JAA

確かこのほかにもMBO案件がいくつかあったはずですが、本当の意味でのMBOは真柄建設のケースだけで、あとはほぼ全て「創業一族の完全支配化・資産防衛」のためのMBO案件のはずです(唯一の例外が吉本興業でしょうか。あれはマスコミぐるみで事実上行ったのでやはり悪質ではありますが)。

MBOに踏み切る理由が上記の例も含めてあれこれと「作文」しているわけですが、個人的にはこういった作文は一切信用していません。一旦株式を上場した以上は、多かれ少なかれ株主に対しての責任があるわけですが、それを創業一族の「ツルの一声」で株主に対する責任を放棄し、「自分さえよければいいのだ」という意識・臭いが上記の事例のようなMBOには感じられてしまうのです。

認められている以上それを止めることはできないことは分かっているのですが、やはり「創業一族が関連するMBOは一切禁止にしたら?」という思いを拭うことはできません。

タグ:MBO
| MBO

2009年10月30日

吉本のMBOは成立しそう・・・

マスメディアだけしか得をしない、一般株主にとっては何のメリットもない吉本興業のMBOがどうやら成立しそうです。

<吉本興業株>TOB成立の見通し 大手民放などの設立会社(Yahoo―毎日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091030-00000008-mai-bus_all

MBOが成立すれば当然上場廃止となって、吉本(とマスメディア)のもくろみ通り一般株主に左右されることなくやりたいような経営ができる、というのが吉本(とマスメディア)の言い分であり、その言い分がほぼ通用しそうな情勢となってきました。

もちろんこのままスムーズにいくのかというとそうではなく、少数の一般株主から「我々を馬鹿にしたふざけた行為。買い取り価格などの問題ではない」としてMBOをすんなという訴訟を起こしているのはご存知の通りです。おそらくこのままMBOは認められるのでしょうが、吉本は株式市場に対してこのような事情が起きてしまったこと、悪しき前例を作ってしまったことについて深く反省すべきです。
| MBO

2009年10月19日

吉本一般株主、「MBOすんなゴルァ」と訴える

吉本興業TOB中止求め提訴=「少数株主の権利侵害」−大阪地裁(Yahoo―時事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091019-00000031-jij-soci

要するに、「我々一般株主にとっては何のメリットもなく、吉本(&出井)やマスメディアにしか得することのない事実上のMBOはすんなゴルァ」という吉本の一般株主の反乱でしょう。確かのその通りで、「じゃあ何で上場したんじゃ?MBOで責任逃れするんじゃねーよ!」と言いたいのもうなずけます。

実際にはこの一般株主のの訴えは退けられそうな予感がしますが、やはりこういった株主に対する責任逃れのMBOは一般株主としては全く受け入れたくはないでしょうから、会社は「なぜMBOを行う選択をしたのか」ということを具体的に説明する必要があります。こういう責任逃れのMBOの流行は、株式市場を混乱させるものと考えます。
| MBO

2009年09月25日

ポラロイド日本法人、MBOで米法人から独立

ポラロイド日本法人、MBOへ 破産の親会社から株買い取り(NIKKEI NET)

 米ポラロイドの日本法人、日本ポラロイド(東京・港)はMBO(経営陣が参加する買収)で独立する。日本法人社長の伊藤裕太氏が全額出資する会社を通じ、米ポラロイドから日本法人の全株式を買い取る。米ポラロイドは破産手続き中で日本法人を清算する予定だった。独立によって今後もポラロイド製品のアフターサービスを維持し、顧客流出を防ぐ。

 伊藤氏が設立した全額出資会社を通じ、日本法人の全株式を約1億円で買い取る。社名は日本ポラロイドを継続して使用し、約20人の社員や負債などを承継する。ポラロイドブランドの商品の販売も続ける見通し。買収資金は伊藤氏がみずほ銀行の融資を受けた。

(ここまで)

ということで、本来のMBOの手法でポラロイドの日本法人が米法人から独立するようです。MBOといえば昨日のトイザらスや吉本のような「なんちゃってMBO」、つまり上場するのがイヤになって株主に対する責任を放棄する形で上場廃止するという形が蔓延っているだけに、非常にポラロイド日本法人の気概を感じます。
| MBO
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。