2010年12月07日

KDDI、WiMAX対応のスマートフォンを発売へ

スマートフォンにWiMAX KDDI社長「11年度投入」(日経)

 KDDI(au)の田中孝司社長は6日、日本経済新聞社の取材に応じ、2011年度の早い時期に高速無線通信「WiMAX(ワイマックス)」に対応したスマートフォン(高機能携帯電話)を国内で初めて発売する計画を明らかにした。ワイマックスは携帯電話回線(3G)の4〜5倍の高速通信ができる。NTTドコモが来年末にも次世代高速通信「LTE(ロング・ターム・エボリューション)」対応のスマートフォンを発売することに対抗する。

 田中社長は「ワイマックスと3Gの両方が使える端末を投入する」とした。まずは海外製製品の導入を検討し、国内メーカーにも開発を委託するとみられる。

KDDIは、せっかく手にしたWiMAXという武器があるのですから、そういった武器を有効に活用するほうがいいと思うのですが・・・。日経の記事から推測するに、「ドコモが次世代高速通信のスマートフォンを発売するのに対抗して」ということを考えると、何か二番煎じという感じが拭えないわけです。KDDIで実際に開発に携わるような人の間ではこういったことはおそらく頭の中にはあったはずでしょうから、そういった意味でも出遅れ感は否めないものと思いますが、投入すると決めた以上はユーザー目線のWiMAX対応のスマートフォンを発売してもらいたいものです。

2010年12月06日

mixi 迷走中

一応、管理人もmixiの会員なのですが(ただし、ここ最近はアクセスしておらず完全放置状態)、GREEやDeNAの追撃対応に追われてあれやこれやと対策をたてているにもかかわらず、その対策がユーザーから全く支持されず、釈明に追われているという有様で、完全に迷走してしまっていますね。こういうときは、「そもそもmixiはどういうコンセプトでスタートしたのか」という原点に帰るべきなのでしょうが、そうはいかないものなのでしょうかね・・・。このままだと「SNSならmixi」というすでに築かれたブランドが崩れてしまいますよ・・・。
タグ:mixi SNS 

2010年11月29日

XPERIA Android2.2にアップデートへ(?)

「Xperia(SO-01B)」がマルチタッチ対応に加えてAndroid 2.2へアップデート決定(GIGAZINE)

ついこの間Android1.6から2.1へアップデートされたばかりのNTTドコモの初の本格的スマートフォンであるXPERIAですが、来年の早い時期にも2.2にアップデートされるとのことのようです。2.2が現在のAndroidの最新バージョンですから、リリース時には出遅れていたバージョン対応もついに追いつくことになりますね。管理人もXPERIAユーザーなのでこのことについては非常に喜びたいと思います。やはりワールドワイドのスマートフォンということで、ソニー(ソニー・エリクソン)としてもAndroidの最新バージョンにすることは半ば義務だと考えていたのではないでしょうか。ただし、その後の最新バージョンについてはどうなるのかはわかりませんが・・・。
続きを読む

2010年10月17日

KDDI、18日の発表会でSkypeとのタッグを発表か!?

auの「禁断のアプリ」はSkype? KDDI、Skypeと提携か(ITmedia News)

iPhoneではSkypeのアプリがあるので当然利用できるわけですが、KDDIが18日の発表会で「禁断のアプリ」も発表するということなのですが、日経がその「禁断のアプリ」はSkypeだとスッパ抜いてしまったわけです。同時にSkypeとのタッグも発表する(らしい)ということなのですが、本当なのでしょうかね・・・。全ては明日わかることですが。

2010年10月08日

パナソニックの「ゲームプロジェクト」!?

パナソニック、「Jungle」プロジェクトの存在認める(ITmedia News)

それが本当に「ゲーム」のプロジェクトなのかどうかは教えてはくれなかったようですが、実際にプロジェクトが進行していると認めたのは「日本の」パナソニックなのでしょうか、それとも外国法人なのでしょうか?いずれは公表されるのでしょうが、まだ公表するに至るレベルにはなっていないということなのでしょうか・・・?でも、実際にゲーム機が開発されているという情報もあるわけですから、これがそのプロジェクトなのでしょうか・・・?

2010年09月08日

携帯電話向けの新放送事業者はドコモに決定!?

携帯新放送事業者、NTTドコモ優勢に 電監審きょうにも答申(日経)

2012年春にも始まる携帯端末向け新放送のインフラ事業者選定を巡り、電波監理審議会(総務相の諮問機関)が早ければ8日にも答申をまとめる見通しとなった。同事業者ではNTTドコモグループとKDDIグループが競ってきた。電監審が7日に開いた臨時の会合では、ドコモ陣営の事業計画を評価する声が優勢だったもようだ。

 新放送はテレビの地上アナログ放送が終了した後に空く周波数帯を使って始める。携帯端末向けに本格的な放送番組を流すほか、通信と融合した新しいサービスの提供も想定している。

<マルチメディア放送>事業者にドコモ陣営選定 電監審方針(Yahoo―毎日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100908-00000012-mai-bus_all

毎日の記事だけなら「飛ばし」「眉唾もの」と解釈されても仕方がありませんが、日経も報じているのだからほぼ間違いのないことなのでしょう。携帯電話向けの新放送ができる唯一の事業者に選ばれるのは、どうもNTTドコモになるようです(当然正式決定ではないので日経はぼかして書いていますが、毎日はすでに決まったような内容の記事を書いているけど、大丈夫なのか?)

ドコモとKDDIの争いになり、結果的にKDDIは負ける可能性が高くなったわけですが、KDDIはWiMAXの事業者に選ばれたわけですから、喧嘩両成敗的にドコモにしたということも言えなくはないですが、これで新しい通信サービスに関する事業者の選定についてはひとまずは区切りがついたということになるのではないでしょうか。もっとも今後新しいサービスが出てくれば話は別ですが・・・。続きを読む

2010年09月02日

Twitter、iPadに対応

Twitterが公式iPadアプリをリリース(ITmedia News)

TwitterがiPadアプリにも対応したので、早速使ってみましたが、確かにiPhoneアプリをiPadで利用するよりかははっきり言って使い勝手がいいです。これならば外出した時にiPadを持っていけばより気軽にTwitterが利用できるわけで、本当にありがたいです。これまではあまりTwitterの使用頻度は多くなかったのですが、これからは使用する機会が増えそうです。

iTunes 10をダウンロードしてみた

CIMG1409.JPG

早速、iTunes 10をダウンロードしてみました。iTunesそのものとしてはあまり変化が内容に見えますが、実際にアイコンは変わっていますし、上記の写真のとおりiTunesの新しいサービスであり、売りにしている音楽専用のSNS「Ping」もしっかりインストールされています。まだPinghは試していないのですが、いつかは試そうと思っています。ソニーAppleに対抗したサービスをこれから行おうとしているようですが、Appleは一歩進んだサービスを行おうとしているのが理解できますね。

2010年09月01日

auの「かんたん決済」

au one Market、アプリを携帯料金と合算請求可能に(iza!)

NTTドコモの場合は、やはり今日からサービスを開始した「spモード」に加入しないとアプリの料金を合算することはできません(確か)が、KDDIのサービスはそうではない(別サービスに加入する必要がない)ということで、この点ではドコモよりアドバンテージがあるのかもしれませんが、対応機種がたった1機種のみということが難点でしょう(もっとも、auはスマートフォンの機種が圧倒的に少ないので仕方がないといえば仕方がありませんが)ね・・・。

2010年08月28日

iPhone4の「お財布」化

iPhone4がお財布ケータイに!?−ポディティーズが iPhone4用ガジェット発売

iPhoneのいわゆる「お財布(ケータイ)」化ですが、上記リンクのものを見てみましたが、何かセンスがよくない感じが・・・。それならば、






こちらのほうが一体感があってよさそうな感じがしますが・・・。個人的にはこちらと購入しようと思っています。

9月から、ドコモのスマートフォンでiモードメールが利用できます

スマートフォンで「iモードメール」 ドコモが9月開始 (日経)

NTTドコモとソフトバンクモバイルは27日、「iモードメール」など各社独自のメールを高機能携帯電話(スマートフォン)でも使えるサービスを始めると発表した。スマートフォンはパソコンと同様な使い勝手を提供するが、従来の携帯電話のメールアドレスを引き継げない点が普及の妨げとなっていた。

 ドコモが9月1日に始める「spモード」では、携帯電話と同じ「@docomo.ne.jp」のメールアドレスを使える。コンテンツの料金回収代行も提供し、月額最大1万円を上限にソフトなどの購入代金を毎月の通話料などと一緒に支払える。

iモードメールをスマートフォンでも=ドコモ(Yahoo―時事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100827-00000168-jij-bus_all

すでにNTTドコモから発表されていますが、9月からドコモのスマートフォンでiモードメールが利用できるようになります。ただし、「spモード」というドコモのサービスに加入することが条件になり、また月315円の料金が別途必要になります。それに伴い、XPERIAを含めたドコモのスマートフォンのバージョンアップが行われますが、このバージョンアップをしないと利用できない仕組みになっているので注意が必要です。

自分的には、4月にドコモの普通の携帯電話からXPERIAに機種変更した時点でiモードの契約を切ったのでメールに関するメリットはまったくと言っていいほどありませんが、そのほかの面ではメリットがあるように思われるし、最大6ヶ月間は無料で利用できるようなので時間はあまりないけど導入するかどうかを考えて見ます。spモードを使用するかは別にしてバージョンアップは必ず行いますが。それよりもXPERIAユーザーとしては早くAndroidのバージョンアップ(1.6→2.1or2.2)をしてもらいたいわけですが・・・。

2010年08月27日

これは期待!iPadでニコニコ動画が見られる!

ニコニコ動画、HTML5に対応へ 9月末予定(ITmedia News)

ニワンゴは、「ニコニコ動画」で9月末からHTML5による動画再生に対応させる予定だ。Flashが表示できないiPad用Safariでも動画の再生とコメント入力が可能になる。

 8月26日開いた「ニコニコ大会議 2010 夏」で明らかにした。HTML5対応のほか、「ニコニコ生放送」のリニューアルも発表。トップページに、ニコ動アカウントなしでも生放送を視聴できるプレイヤーを設置するほか、番組へのタグ付けに対応し、タグによる番組検索が可能になる。また、ユーザーが動画を宣伝できる「ニコニ広告」がニコ生にも対応。ニコニコポイントを使い、放送中の生放送番組を宣伝できる。

 ニコ動は10月28日にバージョンアップする予定。次期バージョンの名称や内容は、同日開く「ニコニコ大会議 2010 秋」で披露する。

iPadを楽しめる選択肢がまた一つ増えましたね。あくまでもiPadのSafariで(アプリではなく)ニコニコ動画が見られるということですが、ニコニコ動画の(iPhone用)アプリの評価があまりよくないようなので、直接見られるというのは嬉しいニュースであり、非常に期待するところですね。あと1ヶ月待たなければなりませんが・・・。

「GREE」にとっては迷惑なニュース

GREEを騙るフィッシングサイトに注意、現在も稼働中……対策協議会が情報を緊急公開

GREEにとって非常に迷惑極まりないフィッシングサイトが現れているようです。GREEのメインユーザーはスマートフォンではない携帯電話(いわゆる「ガラケー」)ユーザーですから、こういった人たちを間違いなく対象にしているはずです。

このフィッシングサイトですが、写真で見ると一発で「偽」と分かるわけです。それは

「Gree」

という名前になっていることです。正しくは

「GREE」

ですね。テレビCMでもこちらで流れているはずです。

また、GREEなどの有名なサイトが見ず知らずの不特定多数に訳の分からんメールを送付すること自体が不自然なわけで、これはフィッシングメールにかかわらず、迷惑メール全体にいえることでもあるでしょう。こういった怪しいメールなどが着たら、疑ってかかることしか対策はないでしょうね・・・。

2010年08月26日

ついに始まった検索の「ねじれ」

ヤフーがマイクロソフトの検索に移行完了 日米でねじれ(産経)

米インターネット検索大手のヤフーは24日、米国とカナダでの検索サービスについて、ソフトウエア最大手、米マイクロソフト(MS)が提供する検索エンジンへの移行を完了したと発表した。ヤフーとMSは提携により、米インターネット検索大手、グーグルに対抗する。

 ただ、日本のヤフーは米ヤフーの方針に反してグーグルの検索エンジンを採用すると表明しており、日米ヤフー間で“ねじれ”が生じる事態となっている。MSは、日本でヤフーとグーグルの提携が競争を阻害するとして、日本の公正取引委員会に異議を申し立てる計画。

米ヤフーがマイクロソフトとの提携の結果、自前の検索システムを捨ててマイクロソフトのBingを検索エンジンとして使用することを決めたのに対して、日本ではBingではなくグーグルの検索エンジンを復活使用する形になったので検索の「ねじれ」が生じてしまったわけですが、日本語の検索制度という点から考えればついこの間Bingが日本語のサービスを本格的に開始したばかりなのに対して、グーグルであればすでに日本語対応しているわけですから、日本に関して言えばどちらを採用すれば検索におけるメリットが生まれるかは自明でしょう。日本のヤフーはそういう背景を踏まえて現実的な判断をしたわけですから。

Google gmailによる電話サービスを開始

米グーグル、Gメールに電話サービス(日経)

インターネット検索最大手の米グーグルは25日、パソコンを利用して固定電話や携帯電話と通話できるサービスを米国で始めたと発表した。米国内とカナダへの発信は年内は無料で、国際電話の料金も割安に設定した。同様のサービスではルクセンブルクのスカイプが先行しているが、グーグルの参入により競争が激化しそうだ。

 同日から電子メール「Gメール」の利用者を対象にサービスを始めた。対象地域の拡大も予定しているが、時期は未定。利用者はパソコンに接続したマイクやスピーカーを使い、Gメールのウェブページを通じて通話する。発信に加え、あらかじめ専用の番号を取得すれば受信もできる。

Googleがまた面白いサービスを始めました。明らかにSkypeをターゲットにしたと思われるネット電話サービスですが、Googleの場合はgmailを利用しているユーザーに対して電話サービスを提供するということが独特ですね。もちろん日経の記事にあるようにgmailの利用を促すことも目的ではあるでしょうが。

日本でのサービスはまだのようですが、いずれは日本でもサービスが開始されるでしょう。管理人もgmailユーザーなので、いずれは利用するようになるのかも・・・。

2010年08月24日

Apple、「iOS4」を更新か?

アップル、iPhoneOSを更新か?(日経)

本国の話ではありますが、どうもそういう話が広まりつつあるようで・・・。当然絶対的な根拠に欠ける話ではありますが・・・。パソコンで明らかなように、そもそも古い機種に新しいOSを入れれば速度が遅くなるなどの出来事が起こるのはわかりきっているはずであって、別にiOSに限った話ではないでしょうに・・・。

2010年08月23日

日本通信の例の「iPhone用SIM」発表

日本通信、ドコモ網で「iPhone 4」が使えるマイクロ SIM サービスを販売(Yahoo―japan internet)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100823-00000008-inet-mobi

日本通信による例の「iPhoneをドコモ回線で使用できるSIM」の詳細が発表されたようですね。過去にも書いてきましたが、あくまでも「日本通信が借りている」ドコモ回線を利用できるのであってドコモの純正回線を利用できるのではないこと、このSIMを利用するには国外からSIMフリーのiPhoneを調達する必要があること、こういった条件付で利用することが可能なわけです。ドコモは一切関知していないのですが、こういった報道でドコモショップに行く人が多くなりそうですね。ドコモショップに行っても追い返されるだけですよ。

それならば、やはり国内のiPhoneを購入して、定額じゃないデータプランプラスバッファローのドコモ純正回線を利用できるルーターを利用したほうが間違いなく安上がりでしょう。データ通信で月額5280円では見向きもされなさそうな予感がしますね・・・。

2010年08月13日

iPhoneウイルス警報発令!?

iPhone、ウイルス感染で勝手に電話の恐れ(Yahoo―読売)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100812-00001182-yom-soci

iPhone4のOS、iOS4のバージョンアップがAppleから公開され(同時にiPadのOSのバージョンアップも公開)、しっかり手持ちのiPhoneのバージョンアップをしたわけですが、その対策がいわゆる脱獄(JailBreak)対策であった(はず)のは確かだったと思いますが、それに加えてどうもこれまでのiOS4のバージョンだとウイルスに感染してしまうという恐れもあるようで、これは今日知りました。

iOSに限らず、OSのバージョンは最新のものにしておくに越したことはないのですが、どちらかというとApple系はあまりウイルスの話題は出てこないというイメージがあるので、このような報道にちょっとビックリしているわけですが、やはり最低限のリスク管理は自分自身で行わなければならないのだとあらためて感じるところです。

2010年08月09日

また書きますが、ドコモ回線でiPhone4が利用できる!? という件

日本通信「micro SIM発売」で理解しておくべきこと(Yahoo―ITmedia)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100809-00000010-zdn_m-mobi

ITmediaがあらためて「ドコモ回線(SIM)でiPhone4を使用する際の注意点」について書いています。このブログでも一応ほぼ同じことを書いたわけですが、重ねて書くことにします。

まず決定的に違うのは「ドコモの回線を借りている(MVNO事業者である)」日本通信のサービスであってドコモのサービスでではないということ。だからドコモショップに行ってもこの件については「シラネーヨ」と言われてしまうのがオチです。最初に報じた日経はちゃんとそういったことを報じたはずなのですが、どうもそうではない方向に動いた=「ドコモの主回線で」iPhoneが使えるという解釈をしてしまう人が多かったのか、結果としてこのITmediaによる指摘に至ったようですね。

「ドコモの主回線で」iPhoneを使いたいのであれば、「ドコモ(の主回線)のデータ通信が使用できる」バッファローからリリースされているルーターを使用すればいいのであって、日本通信のこのSIMを使用するという積極的理由はあまり見当たりません。ITmediaもさすがにこのことに関する「誤解」を避けるためにこのような記事を書いたに違いありませんが、やはり混乱する人(=被害者)は多く出てくるのでしょうね・・・。

2010年08月06日

ドコモの回線でiPhone4が利用できる!?

iPhone4、ドコモ回線で利用可能に 日本通信が月内にも (日経)

 通信ベンチャーの日本通信は米アップルの高機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)4」をNTTドコモの回線で使えるサービスを始める。月内にもドコモ回線に対応した「SIMカード」を発売、輸入したアイフォーン4に差し込んで使う。日本ではソフトバンクモバイルがアイフォーン回線を事実上独占してきたが、日本通信は他社回線での利用ニーズが高いと判断した。

 通信ベンチャーの日本通信は米アップルの高機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)4」をNTTドコモの回線で使えるサービスを始める。月内にもドコモ回線に対応した「SIMカード」を発売、輸入したアイフォーン4に差し込んで使う。日本ではソフトバンクモバイルがアイフォーン回線を事実上独占してきたが、日本通信は他社回線での利用ニーズが高いと判断した。

要するに、海外で販売されているSIMフリーのiPhone4で、ドコモのMVNO業者である日本通信がiPhone4のニーズという面からドコモ回線のSIMを販売しようというものです(純日本タイプのiPhone4はご存知のとおりソフトバンクの独占であり、SIMロックがかかっている)。ソフトバンクの電波品質について大いに不満がある人はもしかしたらこれに飛びつくのかもしれませんが、その一方でこんな記事もあるように日本通信という会社自体が信用性に劣る(?)ことが不安材料でもありますが・・・。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。