2010年12月16日

スクエニ 大幅下方修正

スクエニHD、今期純利益10億円に下方修正 ソフト発売延期で(日経)

スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684)は16日、2011年3月期の連結純利益が前期比89%減の10億円にとどまりそうだと発表した。従来予想は120億円だった。11年1〜3月期に市場投入する予定だった家庭用ゲームソフト「デウスエクス」の発売を2012年3月期に延期することが響く。

 売上高は従来予想を300億円下回る32%減の1300億円になる見通し。経常利益は78%減の60億円と計画を140億円下回るもよう。

 看板ソフトの「ファイナルファンタジー(FF)14」も収益の押し下げ要因。11年3月上旬に発売予定だったソニーの家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)3」向け「FF14」の発売も延期する。9月末に発売したパソコン向け「FF14」に対するユーザーの評判が芳しくないため、改善が必要という。

業績予想の修正に関するお知らせ

これは酷いな・・・。スクエニとしてはクオリティの高いゲームソフトを市場に送り出したいという気持ちが当然あるのでしょうが、ドラクエにしてもFFにしても発売日を常に延期してしまっているというのがデフォという現状ではやはり予定していた時期にソフトを発売できないというのは大きく業績に影響してしまいますよね・・・。「ドラクエとFF、これらのキラーコンテンツは黙っていても売れるから、油断しているんじゃないの?」という批判が出たとしたら、スクエニの中の人はどういう答えをするのでしょうか・・・。
| 決算

2010年10月08日

ファーストリテイリング 決算

平成22年8月期 決算短信

ファーストリテイリングの決算ですが、日経の記事ではこれでも当初の予想よりは少なかったということのようです(実際に下方修正がありましたから、その範囲内だったのでしょうが)。確かに期首は大々的なキャンペーンなどがあってその効果も大きかったのでしょうが、期末になるにつれて天候などの影響で尻すぼみになってきてはいましたからね・・・。あとはどうしても「ユニクロ頼み」になってしまうという潜在的な弱点も脱却はできていないままのような感じもします。

今期は前期よりもかなり保守的(業績・配当)な予想を立てていますが、今期の期首でいきなり大ブレーキがかかってしまったわけですから「これまでのようにはいかないな・・・」と考えてしまうのも仕方のないことかなとは思います。そうなると、やはり「ユニクロ」以外のブランドがユニクロをカバーしていかなければならないわけで、これは圧倒的に強いブランドがあるが故に一生付き合わなければならない課題ということになると思います。
| 決算

2010年10月07日

セブン&アイ 2Q決算

平成23年2月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

全体的(マクロ的)には横ばいになっているセブン&アイの2Q決算ですが、やはり創業一族による資産提供の影響で四半期の純利益については多くなっているという印象になりますね。逆に言うと、それしか目立った点はなかった、とも言えなくはありませんが・・・。
| 決算

吉野家 2Q決算

平成23年2月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

吉野家の2Q決算ですが、新しく発表した牛鍋丼の効果は次の四半期ということになることもあってか(追記:やはり牛鍋丼の効果はかなり大きかったようで、19ヶ月ぶりに前期比の売上を上回ったとのこと)、営業利益は改善されてきたものの肝心の売上高についてはまだ安心というわけにはいかないというのが現時点の状況のようです。ただし、前期は大きく吉野家の業績を引っ張ってしまった(挙句の果てに上場廃止となってしまった)「ステーキのどん」が業績回復基調にあるようなので、この効果というものは大きいかなという気はします。
| 決算

2010年09月30日

任天堂 大幅下方修正&減配

任天堂のリリース

すでに発表していたニンテンドー3DSの発売日を来年2月26日に決定した任天堂ですが、その後発表したリリースで大幅下方修正と大幅減配のリリースを出しました。その内容ですが、「これはひどい・・・」というレベルの内容ですね、これまでの日の出の勢いのあった任天堂にしては・・・。これまで「どこを捜しても在庫がなかった」DSやWiiが今では簡単に手に入る状況であり、それらのソフトについても「これは」というソフトが今のところ出ていないという状況もあって今期はかなり苦戦必死という状況のようです。

失地回復を狙った3DSも時期的には来年2月末の発売ということで今期の決算には間に合うものの年末商戦には間に合わず、また3Dソフトの導入という状況も非常に不透明感が漂ってしまうことを考えると、いくら流行の3Dとはいってもおそらくこれまでのように品不足ということはないだろうと考えます。そうなるとやはり業績的には苦しいだろうなということが予想されますが、フタを開けてみたらどうなるのでしょうか・・・。
| 決算

2010年08月13日

GREE 決算

平成22年6月期 決算短信(非連結)

これまでmixiにやられ続けてきたGREEが、完全な高成長軌道に乗ったといえる今期の決算内容だと思います。基本的に業績が倍々ゲーム的に伸びているわけで(加えて、通常配当のほかに東証1部上場記念配当がある)、今のところはこれまでのmixiがたどってきた道を進んでいるような感じですが、当然こういった倍々ゲームがずっと続くわけではないので、この倍々ゲーム成長が止まった時にどのようなサービスを提供できるかがGREEの今後の課題となるのでしょう。
| 決算

CSK 1Q決算

CSKのリリース

金融事業で大失敗をして、現在立て直しの状況にあるCSKですが、その金融事業を手放した影響からは徐々に回復しつつあるような感じですが、基本的にシステム一本に事業を絞るため、このリリースから想像するに、ホールディングス形態はどうも諦めるような感じです(もしかしたら違うかもしれません)。ただし、自己資本比率は債務超過ギリギリのラインですから油断はできませんが・・・。

CSKについてはここで何度も書いていますが、

住商情報との提携の具体的内容の説明はマダー?もしかして、ただ救済のためにカネを出してもらっただけですか?
| 決算

2010年08月05日

サントリーって12月決算だったのか・・・

売上、営業益ともに過去最高 サントリーHDの2010年6月中間決算(産経)

サントリーホールディングス(HD)が5日発表した2010年6月中間連結決算は、売上高が前年同期比11・2%増の8129億円、営業利益が同47・9%の410億円となり、中間期としてはそれぞれ過去最高となった。

主力商品のビール類「ザ・プレミアム・モルツ」「金麦」をはじめ、ハイボール人気に沸くウイスキー「角瓶」、コーヒー飲料「ボス」がそれぞれ好調に推移した。このほか、買収した仏オレンジーナが連結対象となったことも、業績を押し上げた。最終利益も同64・8%増の134億円と大幅増益となった。

 2010年12月期の通期業績見通しは、売上高が前期比12・4%増の1兆7430億円、営業利益が同23・3%増の1030億円、最終利益が同22・5%増の400億円としている。

すでにご存知のとおり、キリンとの統合がポシャッてしまったサントリーですが、決算は12月決算だったんですね・・・。サントリーの場合は統合がポシャった原因の一つである非上場企業(兼オーナー企業)ですから東証などのリリースには出てこないわけで(同類の大企業はJTBやJCBなど)、こういう記事を頼りにするしかないわけですが、2Qまでの業績からすれば「キリンなんていらねーよ」ということになるのでしょうか。
| 決算

楽天 2Q決算

平成22年12月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

楽天の2Q決算ですが、まぁこれだけ本業含めて業績がよければ、生保事業にも手を出したくなりますよね。とにかく本業が常に好業績だからこそ他の事業にも波及効果が及ぶわけで、このつながりがずっと続けばそれこそある意味無敵の会社になる可能性が高いわけですが・・・。

それでも、今気づいたのですが財務状況はソフトバンク並みにいいとは言えないこと、イーグルス事業はやはり苦戦が続いていることが今後の課題になってくるのではないでしょうか。今年は昨年に比べてかなり苦戦していますからね・・・。
タグ:楽天 決算
| 決算

バナーズ 1Q決算

バナーズのリリース

バナーズのことを書くのは久しぶりですね・・・。決算のことを書き逃してしまったからですが、今年度の1Qも(おそらく)最終黒字になった前年度の状況を何とかキープできているという感じでしょうか。こういったことが長く続けばいわゆる「ボロ株」「クソ株」のレッテルを剥がすことができるんでしょうけどね・・・。
| 決算

2010年08月04日

ゼンショー 1Q決算&増配

平成23年3月期 第1四半期決算短信

2011 年3月期(第29 期)の配当予想の修正(増配)に関するお知らせ

いわゆる「牛丼デフレ」を巻き起こしてしまった張本人のすき家=ゼンショーですが、昨年度(の1Q時点)が爆発的な業績を残した一方で今年度の1Qはちょっとおとなしめという感じでしょうか。牛丼以外にも選択肢が豊富にあるのがゼンショーの強みではあるわけですが、1Qの業績から考えると中間や通期の業績予想はちょっと思い切りすぎなんじゃないの?とかんがえてしまうわけですが・・・。
| 決算

mixi 1Q決算&中間上方修正

業績予想の修正に関するお知らせ

平成23年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕

業績予想としては上方修正ということにはなったものの、昨年の同時期よりも営業利益は落ちているし、同じマザーズ「仲間」であったDeNAはもちろんのこと、ずっと引き離してきたはずのグリーにさえ株式上場という面では追い越されてしまい、マザーズに取り残されてしまった感のあるmixiですが、mixiとしてはこのままでいいんでしょうかね・・・。mixiも本当であれば市場としての信頼性に欠けるマザーズは早く出て行きたいものと思っているでしょうからね・・・。
| 決算

トヨタ 上方修正&1Q決算

トヨタ 1Q決算のリリース

業績予想の修正に関するお知らせ

昨年の今頃は特に車が売れない状態で散々な業績であったトヨタですが、今年については1Qの時点では業績的にはV字回復と言ってもいいのでしょうね。業績の上方修正も行っているわけですから。ただし、ここ1年のリコール問題などでトヨタの信頼性に若干「ミソ」はついてしまったわけですから、この業績回復で喜ぶのはまだ早すぎるのかもしれません。業績回復もそうですが、信頼回復のほうも急ピッチですすめてもらわないと・・・。
| 決算

2010年07月29日

任天堂 1Q決算

任天堂のリリース

おそらく、任天堂の「右肩上がり」神話はこの1Qの内容からすれば終わってしまったと感じる人が多いことでしょう。任天堂特有の為替に関する事情があったにせよ、1Qとはいえ最終赤字になってしまったという現実が残ってしまうわけですから。任天堂がこれで終わってしまうとは考えたくないですが、かなり危機感は感じているでしょう。
| 決算

2010年07月27日

キヤノン 2Q決算

平成22年12月期 第2四半期決算短信〔米国会計基準〕

前期の状況があまりよくなかっただけに、今期の2Qまでのキヤノンの業績は前期から比べればV字回復という感じはしますが、ミクロ的には産業分野ではまだ赤字ということで完全復活ということではなさそうです。今後は産業分野でも回復の兆しはあるとはリリースしていますが・・・。
| 決算

2010年07月23日

KDDI 1Q決算

スマートフォンでは大きく遅れをとってしまったKDDIですが、それでも営業利益の大半はけいたい電話事業であり、固定電話事業が相変わらず振るわないことを考えると、スマートフォンはともかくとして、携帯電話事業でKDDIらしさというものを見せ付けないと何か尻すぼみになってしまうのではないでしょうか・・・。それと早くWiMAX事業も採算ラインに乗せていかないと非常に辛い状況になっていきかねませんが・・・。
タグ:KDDI 決算
| 決算

2010年07月21日

Apple 2Q決算結果

米アップル、売上高過去最高 iPad効果で6割増(日経)

米アップルが20日発表した4〜6月期決算は売上高が前年同期比61%増の157億ドル(約1兆3700億円)となり、過去最高を更新した。純利益は78%増の32億5300万ドル(約2850億円)。高機能携帯電話(スマートフォン)「iPhone(アイフォーン)」や多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」の好調な販売が収益を押し上げた。

 1株当たり利益は3.51ドル(前年同期は2.01ドル)だった。スティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)は20日、「アップルの歴代製品で最も好調な滑り出しをみせた『iPhone4』や『iPad』を含めて予想を上回った」と声明を発表。「年内にまだ驚くような新製品を出すつもりだ」と加えた。

米アップル売上高、過去最高=iPadなど寄与―4〜6月期(Yahoo―時事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100721-00000036-jij-int

まぁ、この四半期にiPad(及びその関係アプリ等)がリリースされたわけですから、日経の記事のとおりiPadがAppleの2Qの業績に大きく貢献したことは間違いのない事実でしょう。当然管理人もこの期間のAppleの業績に微力ながら貢献したわけですがw

問題なのは次の3Qで、この四半期に業績に大きく貢献するのはiPhone 4だった・・・はずですが、先日の会見で大いに叩かれた問題が発生したことを認めたことがこの四半期の業績にどのような影響を及ぼすかということが(悪い意味で)注目になってしまいますね・・・。

さらに、最後のほうに注目すべき文言が。

「年内にまだ驚くような新製品を出すつもりだ」

Appleのことだから、当然(良くも悪くも)注目してしまいますよね・・・。
| 決算

2010年07月09日

USEN 3Q決算

平成22年8月期 第3四半期決算短信

今気づいたのですが、USENってもう債務超過寸前なんですね・・・。だからカラオケ事業を売ったりISP事業を売ったり、最近のインテリジェンスを売ることにもつながったんですね。なんとかギリギリ債務超過にはなっていませんが、このままでは次期は債務超過になってしまいそうですね・・・。ファイナンスも今の状況ではアテにできませんし・・・。
タグ:USEN  決算
| 決算

2010年07月08日

吉野家 1Q決算

平成23年2月期 第1四半期決算短信

吉野家の1Q決算は、すき家や松屋にお客を持っていかれているということが明らかに分かるような数字となっています。ただし、他のカテゴリーがなんとか営業黒字を(ガンになっているステーキのどんも含めて)確保しているためそれほど悲観的になるような数字ではないような感じはします。

それでも、すき家や松屋は、「あくまでも牛丼は数あるメニューの中の一つ」的な存在である(だから当たり前のように値下げが平気でできる)のに対して、吉野家はあくまでもメインは「牛丼」なので、メインの商品を当たり前のように値下げできないのは当然の話(もちろんアメリカ牛を使用しているなど原材料の選別の違いもありますが)で、今は非常に苦しいけど必ず巻き返すぞ、と思っているに違いありませんが・・・。
| 決算

ファーストリテイリング 3Q決算&下方修正

平成22年8月期 第3四半期決算短信

ファーストリテイリング(以下、FR)がこの3Q決算発表で密かに下方修正を行っています。理由は

当第3四半期連結会計期間(平成22年3月1日〜平成22年5月31日)は天候不順の影響により客数が減少し、また、1品単価の低いインナー商品などの売上構成比が高まったことにより、客単価も前年を下回り、既存店売上高は前年比で減収となっております。

という各新聞等で記載されたことが原因で、中間であくまでも強気の上方修正を行ったのとは反対に、今回は保守的に下方修正を余儀なくされたという感じだと思います。FRの業績はとにかくユニクロ頼みですからこうなってしまうのも無理もないわけで、とにかく「ユニクロ頼み」=ユニクロがダメでも他がカバーできるというようにならないと、厳しいですよね・・・。
| 決算
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。