2010年12月16日

スクエニ 大幅下方修正

スクエニHD、今期純利益10億円に下方修正 ソフト発売延期で(日経)

スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684)は16日、2011年3月期の連結純利益が前期比89%減の10億円にとどまりそうだと発表した。従来予想は120億円だった。11年1〜3月期に市場投入する予定だった家庭用ゲームソフト「デウスエクス」の発売を2012年3月期に延期することが響く。

 売上高は従来予想を300億円下回る32%減の1300億円になる見通し。経常利益は78%減の60億円と計画を140億円下回るもよう。

 看板ソフトの「ファイナルファンタジー(FF)14」も収益の押し下げ要因。11年3月上旬に発売予定だったソニーの家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)3」向け「FF14」の発売も延期する。9月末に発売したパソコン向け「FF14」に対するユーザーの評判が芳しくないため、改善が必要という。

業績予想の修正に関するお知らせ

これは酷いな・・・。スクエニとしてはクオリティの高いゲームソフトを市場に送り出したいという気持ちが当然あるのでしょうが、ドラクエにしてもFFにしても発売日を常に延期してしまっているというのがデフォという現状ではやはり予定していた時期にソフトを発売できないというのは大きく業績に影響してしまいますよね・・・。「ドラクエとFF、これらのキラーコンテンツは黙っていても売れるから、油断しているんじゃないの?」という批判が出たとしたら、スクエニの中の人はどういう答えをするのでしょうか・・・。
| 決算
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。