2010年12月16日

スティール、サッポロの経営権争奪に「敗北」

スティール、サッポロHD株ほぼ売却 事実上撤退(日経)

 米投資ファンドのスティール・パートナーズが保有するサッポロホールディングスの株式の大半を売却していたことが16日提出の大量保有報告書で明らかになった。サッポロHDを巡る買収劇は、スティールの撤退という結果で幕を閉じた。

 大量保有報告書によれば、15日の東証時間外取引(ToSTNeT)で1700万株を売却したほか、9日にもToSTNeTで1000万株を売却。そのほか立会時間中での売却を含めると15日時点で保有株式数は発行済み株式数の0.15%にあたる60万株(共同保有分含む)まで減少した。

 スティールのサッポロ株保有が明らかになったのは2004年10月。その後、買い増しを進め、07年1月には約2割に当たる7000万株強を保有。同2月にTOB(株式公開買い付け)による買収を提案した。しかし、サッポロは買収防衛策で対抗。経営への関与はうまくいかず撤退につながった。

ということで、サッポロの経営権を握ろうとしていたスティール・パートナーズの野望は失敗に終わることになったわけです。すでにサッポロ株を大量に売りさばいていたからスティールとしては「敗北」宣言を事実上していたのですが、これでほぼ完全に「敗北」を認めたことになるものと思われます。結局スティールが経営関与に成功したのってアデランスくらいじゃないですか?この分だと日本市場からも完全に引き上げることももしかしたら考えている可能性はあるでしょうね・・・。

当のサッポロとしてはいわゆる「厄介者」がいなくなったことで間違いなく安堵しているでしょうが、油断しているとまた別のファンドが狙ってくるかもしれませんから、この「勝利」を教訓にしてもらいたいものですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。