2010年12月07日

日本製紙の最高級ティッシュ、予想以上の注文殺到で販売休止

1箱1000円のティッシュ販売休止 予想超す注文で(日経)

日本製紙グループ本社は6日、11月22日に発売した最高級ティッシュ「羽衣(はごろも)」の販売を休止した。3箱入り3150円(税込み)で同社のインターネットサイト限定で販売したが、贈答用の注文が予想を超え、わずか2週間で品切れになった。現在、緊急増産しており今月中旬には販売を再開したいとしている。

 羽衣は生産効率を度外視した最新技術の見本となる製品との位置づけで開発。マニラ麻とユーカリから厳選したパルプを原材料に使い、薄くきめの細かいシートを4枚重ねにした。ローションのような薬剤を含まず、紙だけで絹のような柔らかさを実現したという。

 一般的なティッシュの16〜25倍の価格であることから、2カ月で500セット(1500箱)程度の販売を想定していた。想定の4倍の早さで売れたため、生産計画を抜本的に見直す方針。

高級品のティッシュペーパーというものは初めて耳にしましたが、ティッシュとはいえ「高級品」という名前につられて購入した・注文したという人が日本製紙の予想をはるかに超えてしまったということですね。やはり「高級品」というものはモノが何であれ手にとってみたいという欲求を抑えることができませんからね・・・。日本製紙としては非常に嬉しい誤算であったものと思います。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。