2010年10月12日

スマートフォン 百花繚乱(!?)

マイクロソフト、新OSスマートフォンを米で11月8日発売(日経)

米マイクロソフト(MS)が開発した新型の携帯電話用基本ソフト(OS)「ウィンドウズフォン7(セブン)」を搭載した高機能携帯電話(スマートフォン)が11月以降、世界30カ国以上で順次登場する。MSはアップルの「iPhone(アイフォーン)」やグーグルのOSを搭載した機種に対抗。IT(情報技術)の次の主戦場であるスマートフォン市場で攻勢をかける。

 MSのスティーブ・バルマー最高経営責任者(CEO)が11日、ニューヨーク市内で開いた記者会見で発表した。「7」搭載の新製品は韓国サムスン電子や台湾HTCなどが機器の開発・製造を手掛け、世界60社以上の携帯通信事業者が販売・対応する。一部機種はMSが自社の直営店で販売する。

新型高機能携帯、発売へ=米MS「フォーン7」搭載(Yahoo―時事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101012-00000026-jij-int

まさに、スマートフォン 百花繚乱(!?)といってもいいくらい、スマートフォンのリリースが続いているわけですが、マイクロソフトもそれに倣えという感じで新型スマートフォンのリリースを発表しました。AppleのOSが「iOS」、GoogleのOSが「Android」、ということでマイクロソフトは自前のOSである「Windows Phone 7」を引っ提げてスマートフォン市場に攻勢をかけていくことになります。

マイクロソフトは、特に簡易型スマートフォンが見事に失敗(それも全く注目されないレベルでの完全な失敗作をリリースしてしまった)してしまっただけに、自前のOSというブランドをOSとしてつけた以上は失敗は許されないという気持ちで今回の発表を迎えたものと思いますが、アメリカでは先の「iOS」や「Android」に加えてブラックベリーなどが目の前の敵として現れているという現状からどのくらいシェアを奪えるかということがカギになってくるのでしょうね。当然自信があるからこそ今回の発表に至ったのでしょうが・・・。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。