2010年10月05日

昨日はKDDI、今日はドコモの発表デー

昨日はKDDIが初の本格的スマートフォンを発表しましたが、今日はNTTドコモが複数の発表を行いました。

(1)サムスン製スマートフォン「ギャラクシー」の発表

KDDIのスマートフォンはまさに日本の「ガラケー」機能満載の、ある意味日本のメーカーを代表するようなものでした(そのうえ、Androidのバージョンは2.1)が、ギャラクシーは日本とは対極の「ガラケー」らしさが全くない(当然そのような機能すらない)うえ、Androidも最新のバージョン2.2を搭載するなどある意味「世界標準」的なモノになっている感じがします。ただし、そのスタイルはちょっと気に入らないかな・・・。Androidといえば、未だに旧バージョンの1.6であるXPERIA、早く何とかしてくださいよ、ソニエリさん・・・。

(2)パイオニアと組んで、スマートフォンを本格的カーナビ化させる

これは面白いですよね。カーナビのメジャーメーカーであるパイオニアと電波に関しては圧倒的に信頼できるドコモの組み合わせですから、期待してしまうのが当然でしょう。

(3)単体でSIMカードを販売する

ドコモ、「SIMカード」単体で販売へ(Yahoo―読売)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101005-00000817-yom-bus_all

にもあるように、すでにドコモは来年度から販売する携帯端末については全てSIMロックを解除すると宣言していますから、その施策は当然ながら理にかなうわけです。iPhoneのSIMロック解除を嫌がっているソフトバンクに対する大きなプレッシャーとなるのは間違いないでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。