2010年08月27日

イオンのスーパーブランド「イオン」に統一へ

イオン、主力スーパー合併 店名「イオン」に統一(日経)

イオンは主力の総合スーパー事業を再編する方針を固めた。2011年2月期中に傘下で「ジャスコ」を運営するイオンリテールが、「サティ」のマイカルなど2社を吸収合併。店舗数345、合計売上高約2兆5000億円のチェーンをつくり、店名も来春をメドに「イオン」に統一する。商品仕入れの一本化や間接部門の合理化でコストを削減、500億円規模の統合効果を引き出す。国内消費の縮小で不振に陥った総合スーパー事業を立て直し、中国などアジア進出の加速につなげる。

イオンが主力スーパー3社合併 店舗ブランド統一へ(Yahoo―産経)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100827-00000531-san-bus_all

ということで、イオンのバラバラだったジャスコなどのスーパーのブランドが「イオン」に統一されることになるようです。ブランドがバラバラだということはそれぞれの店舗の特徴もあるからこそブランドもバラバラでいいということだったのでしょうが、イオンにしてもセブン&アイにしてもスーパーの売れ行きがよろしくない上、バラバラであるゆえのデメリットが目立ってきたから思い切って「イオン」に一本化するのでしょう。

もっとも、ブランドの統一というよりは間接費の削減、つまりコスト削減という意味合いのほうが記事内容からは強く感じられてしまうのですが・・・。それでもなりふり構ってはいられないというのが本音なのでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。