2010年08月26日

アサヒもついに「ホールディングス」化へ

アサヒ、11年7月めどに持ち株会社に移行 会社分割で(日経)

 アサヒビールは26日、2011年7月1日をめどに持ち株会社に移行すると発表した。アサヒのビールやウイスキーといった酒類事業を切り離し、すでに設立済みの準備子会社に継承させる。現在のアサヒビールがそのまま純粋持ち株会社に移行し、東京証券取引所、大阪証券取引所の上場は維持する。世界的に業界再編が進んでいるため、持ち株会社に変えることで迅速な経営判断や成長領域に投資しやすい体制にする。

 持ち株会社の社名は「アサヒグループホールディングス」で、傘下にビールや飲料、食品、海外などの各事業会社がぶら下がる。すでに設立済みの準備子会社は事業承継の後、社名を「アサヒビール」に変更する。

非上場のサントリーも含めてアサヒビール以外のビール会社は全てホールディングス化されていますが、その「ホールディングス」化に乗り遅れていたアサヒもついにホールディングス化されることになります。今の会社・大企業は何でもかんでも「ホールディングス」化したがっているので別にサプライズというわけでもありませんが、逆にホールディングスを核に各事業会社をぶら下げることで組織としては体系化できるわけですから、それはそれでいいのでしょうね。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。