2010年08月26日

速達列車の停車駅はシンプルなほうがいいに決まっている

最速新幹線「みずほ」、停車駅の選定に苦慮 JR九州社長が吐露(Yahoo―産経)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100826-00000521-san-bus_all

突如発表された山陽・九州新幹線の速達列車である「みずほ」ですが、JR九州は九州内の停車駅の選定に苦慮しているようです。ただし、東海道・山陽新幹線ののぞみ>ひかり(レールスター)>こだま、東北新幹線のはやて>(MAX)やまびこ>なすのの速達の順序から考えると速達の列車は停車駅がほぼ固定されています。九州でもみずほ>さくら>つばめという速達度の順序から考えれば停車駅はシンプルなほうがいいに決まっています。

九州内の停車駅となるとおそらく久留米か熊本、もしくは熊本一駅に限定されるのでしょうが、外部の(政治的圧力)に負けてはなりません。速達列車は「停車駅が固定されていること」がステータスになるのですから。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。