2010年07月29日

もはや「死語」になりそうな「SANYO」ブランド

パナソニック株式会社によるパナソニック電工株式会社及び三洋電機株式会社の完全子会社化に向けた合意のお知らせ

午前中に書いた記事のとおり、午前中にパナソニック三洋電機パナソニック電工全てが「当社から発表したものでは(ry)」というリリースを出した後、15:30に3社共同の上記のとおりの正式リリースとなったわけでこれは別に驚くほどのものではありませんが、リリースの4ページに、

「SANYO」消滅、パナソニックに統一へ(Yahoo―読売)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100729-00000520-yom-bus_all

という文章が載っています。パナソニックが三洋を支配下に置く際に「三洋のブランドがなくなってしまうのではないか?」ということが話題になったかもしれませんが、それは基本的には現実のものになってしまいそうです。それだったら完全子会社にするよりは吸収合併してしまったほうがいいのでは?と思ってしまいますが、子会社化の際に諸手続きで時間がかかったことから、そういう判断はしなかったのでしょう。

いずれにせよ、「SANYO」ブランドが「死語」になることがほぼ決まってしまったという事実はあるわけで、三洋の社員のモチベーションというものが気になってしまいます。いくらいいものを製造したとしてもブランドは「パナソニック」に横取りされてしまうのですから。
| TOB
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。