2010年07月29日

パナソニック、三洋を完全子会社化へ

パナソニック、三洋・パナ電工を完全子会社化(日経)

パナソニックは28日、三洋電機とパナソニック電工を完全子会社化する方針を固めた。年内にも株式公開買い付け(TOB)や株式交換を実施する。買収総額は9000億円規模になるとみられる。パナソニックは2009年に三洋を、04年にパナ電工を子会社化した。全株式を取得することで経営を一体化し、電池や住宅周辺事業に経営資源を集中。AV(音響・映像)機器から、環境・エネルギー分野に主力事業を切り替え世界展開を加速させる。

(中略)

完全子会社化に踏み込むことで事業構造改革を加速させると同時に、ブランドを統一するなどして成長戦略のスピードを上げる。まずは三洋の白物家電事業など、不採算事業の売却・撤退を進める。あわせてリチウムイオン電池や、太陽電池など三洋が得意とする成長事業を拡大する。

三洋とパナ電工を完全子会社化=TOB検討―パナソニック(Yahoo―時事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100729-00000010-jij-bus_all

朝起きたら、いきなりパナソニックの「大技」が載っていたのにはビックリしました。久しぶりのビジネス系の大ニュースですね。パナソニック電工についてはいつでも完全子会社できる要素はあったかもしれませんが、まさか三洋電機までも完全子会社にしてしまう(現時点ではその可能性)とは考えてもみませんでしたよ。パナソニックが三洋を支配した時点では三洋の自治も残していた(だから上場も維持させた)わけですから・・・。

それが一転して完全子会社化=つまり完全支配であり2社の上場廃止、ということになるわけですから、特に三洋にとっては非常につらいことになるのだと思います。「上場会社」としての三洋は消え、完全に「パナソニックの完全支配下」の企業に格下げされるわけですから。おそらくパナソニックはこのタイミングを狙っていたのでしょう。

これから3社の「リリース祭り」=当社が報道(ry)がなされるわけですが、その後時間が経てば3社共同の正式リリースが出てくるものと思われます。


| TOB
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。