2010年07月21日

Apple 2Q決算結果

米アップル、売上高過去最高 iPad効果で6割増(日経)

米アップルが20日発表した4〜6月期決算は売上高が前年同期比61%増の157億ドル(約1兆3700億円)となり、過去最高を更新した。純利益は78%増の32億5300万ドル(約2850億円)。高機能携帯電話(スマートフォン)「iPhone(アイフォーン)」や多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」の好調な販売が収益を押し上げた。

 1株当たり利益は3.51ドル(前年同期は2.01ドル)だった。スティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)は20日、「アップルの歴代製品で最も好調な滑り出しをみせた『iPhone4』や『iPad』を含めて予想を上回った」と声明を発表。「年内にまだ驚くような新製品を出すつもりだ」と加えた。

米アップル売上高、過去最高=iPadなど寄与―4〜6月期(Yahoo―時事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100721-00000036-jij-int

まぁ、この四半期にiPad(及びその関係アプリ等)がリリースされたわけですから、日経の記事のとおりiPadがAppleの2Qの業績に大きく貢献したことは間違いのない事実でしょう。当然管理人もこの期間のAppleの業績に微力ながら貢献したわけですがw

問題なのは次の3Qで、この四半期に業績に大きく貢献するのはiPhone 4だった・・・はずですが、先日の会見で大いに叩かれた問題が発生したことを認めたことがこの四半期の業績にどのような影響を及ぼすかということが(悪い意味で)注目になってしまいますね・・・。

さらに、最後のほうに注目すべき文言が。

「年内にまだ驚くような新製品を出すつもりだ」

Appleのことだから、当然(良くも悪くも)注目してしまいますよね・・・。


| 決算
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。