2010年07月20日

吉野家は迷走してんな・・・

吉野家、再び並270円に値引き 脱“独り負け”へ試行錯誤(産経)

吉野家ホールディングスは20日、28〜8月3日までの期間限定で、牛丼や一部定食などを110円値引きする「夏の牛丼祭」を実施すると発表した。牛丼並盛は通常の380円を270円、大盛は480円を370円に値引きする。

 ライバルの「すき家」が並盛を定価で280円に値下げ、さらに250円への値引きキャンペーンを実施し、吉野家は顧客を奪われ、“独り負け”状態にある。4月にも270円に値引きするキャンペーンを実施したが、すき家のほか、松屋も250円に値引きする対抗キャンペーンを行い、思ったような成果を得られなかった。

 吉野家は、これまで春と秋に値引きキェンペーンを実施してきた。夏のキャンペーンは、牛丼の販売を一時休止していた2005年以来という。

何か吉野家は迷走してんな、という感じがしますね・・・。すき家(ゼンショー)や松屋の動向が気になるのは同業である以上仕方がないのでしょうが、確か両社は牛丼の値下げ効果で売上は上昇しているものの客単価としては落ちていたはずで、一方の吉野家は売上自体は落ちているものの客単価としてはそれほど下がってはいなかったはず、つまり牛丼が主力の吉野家とそうでないすき家・松屋という面がこの点でも浮かび上がっているのですから、吉野家は倣って値下げをする必要なんかないんですよ。焦る気持ちも分からんわけではないですが・・・。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。