2010年07月16日

インデックス、振興銀行色の揉み消しに必死

中小企業振興ネットワークからの脱会について

取締役の辞任に関するお知らせ

業務提携および資本提携解消に関するお知らせ

インデックスが立て続けに出したリリースは、全て不祥事の起きた日本振興銀行関連のもので、関係の揉み消しに必死な様子がうかがえます。

すでにそういうことは分かってしまっているのだから、ちゃんと「不祥事の起きた企業とは付き合えないので」とリリースすればいいのに、3つ目のリリースにある

「現在、当社のグループ再編は、ノンコア事業の整理および売却という段階を終え、グループの企業価値の最大化を図るべく、コア事業へ経営資源を集中する段階にあります。また、グループ再編によりNISグループおよび同社の関係会社へ譲渡した連結子会社に対しては、事業上の取り組みを通じて、関係性を維持することが可能となっております。」

というような名目上のリリースをしても、誰も信じませんよ・・・。現に株価はストップ安になっているわけですから・・・。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。