2010年07月15日

三洋、半導体事業の売却を正式発表

三洋、半導体事業の売却発表 米社に約330億円で(日経)

三洋電機は15日、半導体事業を米半導体メーカーのオン・セミコンダクターに年内をメドに売却すると発表した。売却額は約330億円。パナソニック傘下で進めている不採算事業の整理の一環。オン・セミコンダクターは福島県内に製造拠点を抱えており、今回の買収により日本での事業拡大に弾みをつける。

 半導体事業子会社である三洋半導体(群馬県大泉町)の全株式を売却する。三洋半導体は音声などのアナログ信号を処理する大規模集積回路(LSI)が主力。オン・セミコンダクターは米モトローラから分社した半導体メーカーで、電子機器への電力供給を調整する製品など、三洋半導体と重なる部分も多い。

三洋、半導体事業を米社に330億円で売却 「パナと相乗効果薄い」(Yahoo―産経)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100715-00000580-san-bus_all

この発表以前から三洋電機は半導体事業について売却することを事実上決めていたわけですが、ようやく売却先と全ての面で合意に達したので今日の正式発表となったのでしょう。以前から半導体事業を売るとしながらも一時は合意に達しそうだったにもかかわらずポシャったりしていた背景もあったので、正式に決まったことについてはそういった意味ではホッとしたのだと思います。もちろんパナソニックの「プレッシャー」もあったのかとは思いますが。

三洋としては、パナソニックの収益源と重なるものについてはこれからも「削れや」とプレッシャー」をかけられることは間違いないでしょうが、そういう条件下で経営をすることになった以上は避けられることのできない運命ということになるのだと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。