2010年07月14日

ソフトバンク、iPhoneのSIMロック解除は拒否

iPhoneのSIMロック「解除せず」 ソフトバンク(朝日)

ソフトバンクモバイルの松本徹三副社長は14日、同社が国内で独占的に販売する米アップルの「iPhone(アイフォーン)」について、他社の通信回線で使えないよう制限する「SIM(シム)ロック」を「現時点で解除する考えはない」と明言した。一方で「ソフトバンク携帯を海外で使いたいという需要は認識している」と話し、別の数機種で解除を検討していることも明らかにした。

 東京国際展示場であった無線通信技術の展示会「ワイヤレスジャパン」で講演後に記者団に話した。松本氏は、iPhoneは発売当初、売れ行きが鈍かったが、「ソフトバンクが肉を切るようなギリギリの値下げをして人気が出た」と強調。ロック解除は「(販売奨励金を積んで安く売るなどの)ビジネスモデルを壊し、利用者のためにもならない」と主張した。

 NTTドコモが来年4月から、全機種でロック解除機能を搭載する方針を打ち出した点は「iPhone狙いの圧力としか思えない。圧力には屈しない」と強く反発した。

NTTドコモが仕掛けてきた「携帯電話の全機種SIMロック解除の方針」に対するソフトバンクの答えは、iPhoneのSIMロック解除はお断り(ということは、当然iPadのデータ通信に関するSIMロック解除もお断りということになる)ということのようです。ソフトバンクからすれば至極当然の話で、せっかくの(というよりは唯一と言ってもよい)飯のネタを取り上げられてたまるか、という話になるわけですからね。当然記事の最後にもあるように、あからさまなドコモの「iPhone奪取」には屈しないということでもありますね。ソフトバンクとすればこの件もそうだけど、一日でも早くドコモと(電波等の)同じ条件で競争させろ、ということもありますからね・・・。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。