2010年07月07日

間違いなく「iPhone効果」ソフトバンクの契約純増数

6月の携帯純増数、ソフトバンクが首位維持 22万9500件(日経)

電気通信事業者協会が7日発表した6月末の携帯電話・PHS契約数は、新規契約から解約を差し引いた純増数でソフトバンクモバイルが3カ月連続の首位だった。2位のNTTドコモも7カ月連続の10万件超と好調を維持する。

 ソフトバンクの純増数は22万9500件。米アップルの高機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」が引き続き好調で、20万件超は3カ月連続となる。

携帯契約数でソフトバンクが3カ月連続首位、iPhone4が寄与(Yahoo―ロイター)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100707-00000726-reu-bus_all

当然の帰結になりますが、「iPhone 4」効果でソフトバンクの契約純増数が3ヶ月連続で20万件を超えたということです。ただし、6月24日にリリースされた「iPhone 4」ですが、まだ6月中に契約の予約を終えた人に完全に行き渡ってはいません(中には予約を予約開始初日にしたにもかかわらずまだ手にできない人もいる模様)。そういう条件下で20万件超、そのうちたった1週間程度でその数が大いに増えたということですから「iPhone恐るべし」ということになるのでしょう。今月もおそらく同じレベルかそれ以上の契約が「iPhone 4(まだ未リリースのホワイト版も含めて)」を中心になされることは間違いのないところでしょう。

ただ、今のうちはソフトバンクの天下が続きそうな予感ではありますが、昨日NTTドコモ来年度の機種からは全てSIMロックを解除するという発言があったように、ドコモがソフトバンクに対して挑発を始めたことから、ソフトバンクの(契約上の)天下ということについても揺らぎが出てきそうな感じはするわけですが・・・。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。