2010年06月17日

富士通と東芝の携帯電話事業統合、今日発表へ

富士通と東芝、携帯事業統合で合意 10月にも新会社(日経)

富士通と東芝は携帯電話機事業の統合で合意した。10月にも共同出資の新会社を設立、富士通が過半を出資する。携帯電話やスマートフォン(多機能携帯電話)の製造、開発、販売機能を一本化、アジアなど海外市場に本格進出する。両社の国内シェアは合計約19%で、シャープに次ぐ第2位メーカーが誕生する。

 17日に発表する。新会社は東芝の携帯電話機事業部門を切り離したうえで富士通が出資する。富士通が開発陣などを新会社に送り込み、製品開発の一体化を進める。富士通の出資比率は7〜8割とみられる。

真っ先に日経に抜かれてしまった富士通東芝の携帯電話事業統合の県ですが、17日、つまり今日に両社から発表されることになるようです(一番乗りで発表されるのか、株取引の引け後に発表されるのか時間帯は未定)。中身としては富士通と東芝の統合というよりはどうも富士通が東芝の携帯電話事業を吸収するという意味合いが強い感じがしますが、ちゃんとユーザーに受け入れられる携帯電話を両社の力を合わせて作ってもらいたいものです。

ただ、気になるところが・・・。

>東芝はKDDI(au)向けの端末が主力。スマートフォンに強みがあり

とありますが、どこをどう突っ込めばいいのでしょうか???

(追記)

13時に両社から発表されたようですね。7月末までに正式契約を交わすようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。