2010年06月07日

ソフトバンクの携帯加入数純増は「iPad」効果!?

これも「iPad効果!?」といってもいいのでしょうか、ソフトバンクが一時譲っていた携帯電話加入純増数について、5月も首位キープのようです。

iPad効果でソフトバンクが首位キープ (Yahoo―産経)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100607-00000571-san-bus_all

ただ、iPadを携帯電話のカテゴリーに入れるべきなのかということに疑問はあるのですが(確かにiPadの販売についてはソフトバンクが一手に引き受けてはいますが)、あまり出回っていないandroidの新型スマートフォンもありますし、iPhone需要だってまだまだあるわけですからこの点でもソフトバンクがiPad分を差し引いても首位になっている可能性はあるわけです。来月になればその差は(iPad分を入れれば)もっと広がる可能性はあるでしょう。そして、日本時間の明日にはAppleがiPhoneの新型機を発表するのではといわれていますからね・・・。

逆に一番ヤバイのはKDDIで、スマートフォン競争では完全に遅れをとってしまったことが間違いなく原因でしょう。非常に辛い状況になってしまっていると思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。