2010年03月05日

ヤマダ、名古屋の松坂屋跡地にも出店検討

ヤマダ電機、松坂屋名古屋駅店の跡地出店を検討(NIKKEI NET)

 家電量販店最大手、ヤマダ電機の山田昇会長は4日、日本経済新聞の取材に対し松坂屋名古屋駅店(名古屋市)の閉鎖跡の再開発ビルに「出店を検討している」と述べた。新ビルは東海旅客鉄道(JR東海)が2016年度開業予定だが、松坂屋運営のJ・フロントリテイリングは再出店見送りを表明している。

郊外エリアをほぼ制したヤマダ電機が都市部に進出しているのはすでにご承知のとおりですが、最近は池袋三越の跡地に出店したのをきっかけに有楽町西武、そして今回の名古屋松坂屋といった百貨店の撤退予定地に出店を計画しています。ヤマダとすれば駅前の超一等地に出店すれば集客が見込めるという判断からでしょうが、この点からも百貨店の凋落とヤマダの強気の計画の差が表れている気がしますね・・・。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。