2010年02月17日

KDDI 「住商のTOBには対抗しませんよ」

JCOM株「買い増さず」 KDDI社長、住商と協調の意向(NIKKEI NET)

 KDDIの小野寺正社長は16日、訪問中のスペイン・バルセロナで日本経済新聞記者と会い、同社が31.1%出資予定のCATV最大手ジュピターテレコム(JCOM)について「株を買い増して3分の1超を持とうという意志は全くない」と述べた。KDDIに対抗してJCOM株のTOB(株式公開買い付け)を発表した住友商事については「大株主同士が協調した方が企業価値の向上につながる」とした。

KDDIとしては住友商事ジュピターテレコムTOBに対抗するつもりはありませんよ、ということです。住商としてはよりTOBがやりやすくなったのは間違いないでしょうが、KDDIとしては、「(TOBという)カネの無駄遣いをするよりは大株主同士がタッグを組んで(越えられない壁である)NTT(の光ファイバー)を追いかけたほうがいいんじゃないの?」というのが言いたいことのようです。自ら仕掛けたM&Aを事実上諦めた形になってしまいますが・・・。このKDDIの呼びかけに対して住商はどのような答えを出すんでしょうかね・・・。



| TOB
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。