2010年01月28日

一等地=安泰という都市伝説は、百貨店業界では過去のこと・・・

株式会社阪急阪神百貨店「四条河原町阪急」の営業終了について

阪急における京都エリアといえば河原町ですが、その阪急の河原町店が今年の秋には撤退してしまうようです。理由は店舗規模が狭くて他店との競争が難しいということですが、阪急の京都の「顔」がなくなってしまうことのダメージも結構大きいのではないでしょうか。駅と直結していたデパートがなくなってしまうのですから・・・。

西武が有楽町という一等地から撤退することが報道されるなど、もはや「一等地=安泰である」という百貨店の都市伝説はもはや過去のものになっていきそうですね・・・。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。