2010年07月08日

ANA、機内で生ビールの有料サービスを開始

全日空、機内で生ビール つまみ付き1杯1000円で(日経)

全日本空輸は8日、航空機内で生ビールを有料提供するサービスを20日から始めると発表した。メーカーと専用の抽出機器を共同開発した。地上で使われる高圧ガスを利用した抽出機は機内持ち込みが認められていないため、これまで提供できたのは缶ビールだけだった。同社は顧客の要望にきめ細かく対応して、他社にないサービスを提供する考えだ。

サントリーの「プレミアムモルツ」などの高級ビールを扱う。1杯400ミリリットル入りで価格は1000円(つまみ1品付き)。対象は東京―沖縄などの国内路線で、1便につき20杯もしくは40杯の限定とする予定。利用状況をみながら、提供範囲の拡大を検討する。

生ビール党の旅客にとっては、ANAが新たに始める(有料とはいえ)生ビール提供のサービスは非常に嬉しいものではないでしょうか。だからといって好き勝手に生ビールを飲めるということにはなってはいませんが、それでも「飛行機内で生ビールが飲める」という優越感に変わりはないでしょうから、このサービスが好評であれば全国の飛行機でこういったサービスが当たり前になってくるのでしょう。


吉野家 1Q決算

平成23年2月期 第1四半期決算短信

吉野家の1Q決算は、すき家や松屋にお客を持っていかれているということが明らかに分かるような数字となっています。ただし、他のカテゴリーがなんとか営業黒字を(ガンになっているステーキのどんも含めて)確保しているためそれほど悲観的になるような数字ではないような感じはします。

それでも、すき家や松屋は、「あくまでも牛丼は数あるメニューの中の一つ」的な存在である(だから当たり前のように値下げが平気でできる)のに対して、吉野家はあくまでもメインは「牛丼」なので、メインの商品を当たり前のように値下げできないのは当然の話(もちろんアメリカ牛を使用しているなど原材料の選別の違いもありますが)で、今は非常に苦しいけど必ず巻き返すぞ、と思っているに違いありませんが・・・。
| 決算

ファーストリテイリング 3Q決算&下方修正

平成22年8月期 第3四半期決算短信

ファーストリテイリング(以下、FR)がこの3Q決算発表で密かに下方修正を行っています。理由は

当第3四半期連結会計期間(平成22年3月1日〜平成22年5月31日)は天候不順の影響により客数が減少し、また、1品単価の低いインナー商品などの売上構成比が高まったことにより、客単価も前年を下回り、既存店売上高は前年比で減収となっております。

という各新聞等で記載されたことが原因で、中間であくまでも強気の上方修正を行ったのとは反対に、今回は保守的に下方修正を余儀なくされたという感じだと思います。FRの業績はとにかくユニクロ頼みですからこうなってしまうのも無理もないわけで、とにかく「ユニクロ頼み」=ユニクロがダメでも他がカバーできるというようにならないと、厳しいですよね・・・。
| 決算

富士通、ドコモ向けのスマートフォンを11年度に投入

富士通もAndroid携帯を投入 ドコモ向けに11年度(ITmedia News)

海外での携帯電話市場に参戦するにはスマートフォンの投入が必要不可欠となりつつある状況で、東芝と携帯電話事業を統合する富士通も、ようやくスマートフォンをNTTドコモ向けに開発し、11年度に投入するようです。11年度ということは、ドコモが公言した「全機種SIMロック解除」の対象になるわけですから、それだけのものを投入しなければ使ってもらえないわけで、すでに開発プロジェクトはスタートしているはずですが、ちゃんと「世界に通用するスマートフォン」を開発してもらいたいものです。

iPhone 4、通信ソフトに不具合!?

発売開始されてから大量の売上がある一方で液晶の問題やアンテナの問題などで多くの問題も発生しているAppleのiPhone 4で、また問題が・・・。

AT&Tの通信ソフトに不具合 iPhone搭載(日経)

米通信大手AT&Tの通信端末用ソフトに不具合が見つかり、データ送信やインターネット接続の速度が遅くなることが7日分かった。搭載機種は米アップルの高機能携帯電話(スマートフォン)「iPhone(アイフォーン)4」やノート型パソコン用無線LAN(構内情報通信網)カードなど。複数の米メディアが伝えた。

 問題のソフトは仏アルカテル・ルーセントがAT&T向けに供給したもので、両社が対策を講じるとしている。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は、影響を受けているのは全米8700万人に上るAT&Tユーザーの2%以下、最大で175万人と報じている。

ということで、通信端末用ソフトに不具合が見つかったそうです・・・。当然我々日本のユーザーも同じものを装備しているわけですが、こういうことが続くと「iPhone大丈夫なの?日本製の携帯電話に戻すよ」という考えが出てくるかもしれません。いくらAppleといえども、こういったことが続発すると、ユーザーは間違いなく逃げてしまいますよ・・・。
タグ:Apple iPhone 4
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。