2010年07月06日

やはり新車は強いトヨタ

「プリウス」が13カ月連続首位 6月の新車販売(日経)

自動車業界団体が6日まとめた6月の新車販売ランキングはトヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」が13カ月連続で首位だった。エコカー減税などを追い風に環境性能の高い車種が上位を独占した。9月末には新車購入補助金の期限が迫っているため、制度終了前の駆け込み需要も販売を押し上げた。

 「プリウス」の販売台数は前年同月比43.0%増の3万1876台。昨年5月の全面改良から一年以上が経過したが、依然として受注は好調。今年に入ってからの受注は月1万〜2万台前後で推移していたもようだが、6月は駆け込み需要が後押しし、急増した。

ネガティブな話題ばかりが多い最近のトヨタですが、やはり新車は強いわけですよね。これがトヨタが長い期間をかけて築いてきたブランド力であり技術力であるわけですが、それらが徐々に崩されてきているのは承知のとおりで、こういういい話題を続けてもらいたいものですが・・・。


ドコモ、来年度以降の端末はSIMロック解除へ

ドコモSIMロック解除へ 11年4月から全機種で(日経)

NTTドコモの山田隆持社長は6日、日本経済新聞の取材に応じ、2011年4月以降に出荷するすべての携帯端末について、特定の通信会社でしか使えないように制限している「SIMロック」を解除できるようにすると明らかにした。総務省は同制限を解除する指針を示しており、最大手のドコモがいち早く解除に乗り出すことで通信各社も対応を迫られそうだ。

 ドコモは11年4月以降に出荷する端末にソフトでロックを解除できる機能を搭載する。利用者の要望に応じて販売店の窓口で解除を受け付ける方針。

 SIMロックの解除により、利用者は契約情報などが入った「SIMカード」を入れ替えれば機種を変えずに通信会社を自由に選べるようになる。例えば同社のスマートフォン(高機能携帯電話)「エクスペリア」などの端末をソフトバンクの通信回線を使って利用できる可能性がある。

ドコモ、SIMロック解除へ…11年4月以降(Yahoo―読売)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100706-00000670-yom-bus_all

ご存知のとおり、携帯電話にはSIMという携帯電話の心臓部といえるものが中に入っており、それがないと携帯電話は機能しません。外国ではそのSIMがフリーで使用できる携帯電話端末が当たり前のようにありますが、日本ではそういう話はようやく出てきたばかりで、今なお入手困難な状況のiPhone 4やiPadの3G(回線使用)版はソフトバンクのSIMがないと使用できず(NTTドコモのXPERIAがドコモのそれがないと使用できないのも同様)、ドコモが大恥をかいてしまったことは有名ですね。

そのドコモがいち早く来年度の端末からSIMフリーを行うと宣言したようです。これはつまり、最近いいようにやられているソフトバンクに対する一種のプレッシャーともいえるでしょう。「ウチがSIMフリーをするのだから(ソフトバンクもそうしなければならないはず)」ということですが、ソフトバンクはどう出るのでしょうかね・・・。もしかしたら、次世代のiPhoneをドコモから出してもらおうをするためのアピールなのかもしれませんが・・・。


続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。