2010年07月31日

トヨタの米国リコール問題は意図的だった!?

米運輸省、トヨタに有利なリコール調査の公表回避 米紙報道(日経)

トヨタ自動車の米リコール(回収・無償修理)問題に関連し、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は30日、米運輸省がトヨタに有利になる調査結果の公表を意図的に避けていたと報じた。急加速の原因がトヨタ車の欠陥でなく「運転ミス」だったとする調査内容で、米当局の対応に批判が強まる可能性がある。

 運輸省の高速道路交通安全局(NHTSA)で、トヨタ車の調査に当たった元幹部(7月に退職)の話として実名で伝えた。同元幹部はNHTSAによるトヨタ車の調査が終わったにもかかわらず、ラフード運輸長官側の意向で公表を避けているとした。

トヨタに有利な調査結果隠す?米当局に疑い浮上(Yahoo―読売)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100731-00000381-yom-bus_all

つい最近も一部の車両でリコール(米国内)をを行うことになったトヨタですが、いわゆる一連の大不祥事・バッシング問題については、なんと米国当局がが中心になって意図的に行なわれていた可能性があるのではないかということのようです。WSJが報じているのですからおそらく事実に近いものと思われるのでしょうが、完全にそれが事実だとすれば、これは大問題になることは間違いないでしょう。国ぐるみでトヨタを追い落とそうとしたわけですから。

もちろんトヨタ自身の技術的な問題もあったのでしょうが、こういうことが事実であれば間違いなく抗議してもいいレベルでしょうね。

カメコネ、ついにキター!!!

ついに1ヶ月以上も待ち望んでいたものがキター!!!

CIMG1405.JPG

iPad Camera Connection Kit(通称カメコネ)です。1ヶ月以上も前に新宿西口ヨドバシで注文したものの全く音沙汰なく、納期が半分に短縮されたアップルストアオンラインで注文したところ、当初予定の2〜3週間が1週間以上も早く到着しました。都市伝説か?と思っていたものを実際に目の当たりにすると嬉しいし、何よりも待ち時間が長かったのでホッとしてます。

CIMG1406.JPG

こちらがカメコネの中身ですね。これからいろいろと試していきますが、一番性能を発揮するのが旅行に行く時ですね。これがあれば(もちろんSDカードやUSBケーブルなども必要ですが)その場で写真を取り込むことができるわけですからね。

そのカメコネですが、「アップルストア(リアル・オンライン)には」結構入ってきているような感じがしますが、「アップルストア以外」は全く入ってくるメドが全く立っていないというのがどうも現状のようです(あのプライオリティの高い新宿西淀ですら現時点でも音沙汰がないのですから。ましてや地方では推して知るべし)。現状ではアップルストア分に回すのが目一杯で、量販店に回す余裕はまだまだないものと思われます。品不足状態はマクロ的に見れば変わりはないということですね。

ということで「どうしてもカメコネが欲しい」と考えている方は、現時点では絶対にアップルストアオンラインでの注文をお勧めします。というかそれ一択しかないです。

ヨドバシでの注文ですが、当分寝かしておきますw。おそらく注文したのを忘れた頃にやってくるのでしょうが・・・。

2010年07月29日

楽天、生保にも「手を出す」

楽天、生保に本格参入 アイリオ生命への出資引き上げ(日経)

 楽天はアイリオ生命保険と資本・業務提携を結び、生保事業に参入する。30日に発表する。楽天がアイリオの筆頭株主のエキスパートグループホールディングス(東京・中央)から保有株式の一部を取得。出資比率を33.89%に引き上げ、役員も派遣する。楽天の生保事業参入で、ネットを通じた生保販売が広がる可能性がある。

(中略)

楽天が傘下の金融事業などの顧客にアイリオの保険商品を紹介。契約を希望する顧客をアイリオの販売代理店約7700店に紹介するなどの相乗効果も見込む。

ということで、ネットビジネスになる可能性のあるものについては何でも飛びついてしまっているというイメージのある楽天ですが、今度は何と生命保険事業にも「手を出す」ようです。今のところは間接的に生保事業に乗り出すというイメージですが、イーバンクを完全に自分のものにしてしまったように生保も同じような展開をするのではないか、というような気がします。

何にでも「手を出せる」というのは、あくまでも本業がしっかり儲けを出しているからであって、これがだめになると将棋倒しのように全てがだめになってしまうという危険性もないわけではないでしょうが・・・。



富士通と東芝の携帯電話事業統合、正式契約

富士通・東芝の携帯電話事業の統合に関する最終契約の締結について

これで富士通東芝携帯電話事業の統合が正式に決定したことになりますが、この新会社は富士通色が非常に強い会社になるので、主にauの携帯電話などは富士通のカラーが出せるのでしょうか、その点が非常に気になるところではあるでしょうが、しっかりとユーザーのニーズにマッチした携帯電話やスマートフォンをリリースしてもらいたいものです。

任天堂 1Q決算

任天堂のリリース

おそらく、任天堂の「右肩上がり」神話はこの1Qの内容からすれば終わってしまったと感じる人が多いことでしょう。任天堂特有の為替に関する事情があったにせよ、1Qとはいえ最終赤字になってしまったという現実が残ってしまうわけですから。任天堂がこれで終わってしまうとは考えたくないですが、かなり危機感は感じているでしょう。
| 決算

もはや「死語」になりそうな「SANYO」ブランド

パナソニック株式会社によるパナソニック電工株式会社及び三洋電機株式会社の完全子会社化に向けた合意のお知らせ

午前中に書いた記事のとおり、午前中にパナソニック三洋電機パナソニック電工全てが「当社から発表したものでは(ry)」というリリースを出した後、15:30に3社共同の上記のとおりの正式リリースとなったわけでこれは別に驚くほどのものではありませんが、リリースの4ページに、

「SANYO」消滅、パナソニックに統一へ(Yahoo―読売)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100729-00000520-yom-bus_all

という文章が載っています。パナソニックが三洋を支配下に置く際に「三洋のブランドがなくなってしまうのではないか?」ということが話題になったかもしれませんが、それは基本的には現実のものになってしまいそうです。それだったら完全子会社にするよりは吸収合併してしまったほうがいいのでは?と思ってしまいますが、子会社化の際に諸手続きで時間がかかったことから、そういう判断はしなかったのでしょう。

いずれにせよ、「SANYO」ブランドが「死語」になることがほぼ決まってしまったという事実はあるわけで、三洋の社員のモチベーションというものが気になってしまいます。いくらいいものを製造したとしてもブランドは「パナソニック」に横取りされてしまうのですから。
| TOB

パナソニック、三洋を完全子会社化へ

パナソニック、三洋・パナ電工を完全子会社化(日経)

パナソニックは28日、三洋電機とパナソニック電工を完全子会社化する方針を固めた。年内にも株式公開買い付け(TOB)や株式交換を実施する。買収総額は9000億円規模になるとみられる。パナソニックは2009年に三洋を、04年にパナ電工を子会社化した。全株式を取得することで経営を一体化し、電池や住宅周辺事業に経営資源を集中。AV(音響・映像)機器から、環境・エネルギー分野に主力事業を切り替え世界展開を加速させる。

(中略)

完全子会社化に踏み込むことで事業構造改革を加速させると同時に、ブランドを統一するなどして成長戦略のスピードを上げる。まずは三洋の白物家電事業など、不採算事業の売却・撤退を進める。あわせてリチウムイオン電池や、太陽電池など三洋が得意とする成長事業を拡大する。

三洋とパナ電工を完全子会社化=TOB検討―パナソニック(Yahoo―時事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100729-00000010-jij-bus_all

朝起きたら、いきなりパナソニックの「大技」が載っていたのにはビックリしました。久しぶりのビジネス系の大ニュースですね。パナソニック電工についてはいつでも完全子会社できる要素はあったかもしれませんが、まさか三洋電機までも完全子会社にしてしまう(現時点ではその可能性)とは考えてもみませんでしたよ。パナソニックが三洋を支配した時点では三洋の自治も残していた(だから上場も維持させた)わけですから・・・。

それが一転して完全子会社化=つまり完全支配であり2社の上場廃止、ということになるわけですから、特に三洋にとっては非常につらいことになるのだと思います。「上場会社」としての三洋は消え、完全に「パナソニックの完全支配下」の企業に格下げされるわけですから。おそらくパナソニックはこのタイミングを狙っていたのでしょう。

これから3社の「リリース祭り」=当社が報道(ry)がなされるわけですが、その後時間が経てば3社共同の正式リリースが出てくるものと思われます。
| TOB

2010年07月27日

シャープの新しい電子辞書って

シャープが携帯電話型の電子辞書を発売 重さ97グラムの最軽量設計(Yahoo―産経)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100727-00000550-san-bus_all

形からすればブラックベリーのような感じはするけれど、あのマイクロソフトの失敗したスマートフォン(その原型を開発したのも確かシャープじゃなかったっけ?)に似ているとも思いませんか?このシャープの電子辞書を見て最初に感じたのがこのことです。ということは、この電子辞書が大コケしてしまう匂いがかなり漂ってしまうわけですが・・・。

キヤノン 2Q決算

平成22年12月期 第2四半期決算短信〔米国会計基準〕

前期の状況があまりよくなかっただけに、今期の2Qまでのキヤノンの業績は前期から比べればV字回復という感じはしますが、ミクロ的には産業分野ではまだ赤字ということで完全復活ということではなさそうです。今後は産業分野でも回復の兆しはあるとはリリースしていますが・・・。
| 決算

このiPadに関する「ネガキャン?」記事

正直言って、ニュースブログとはいえ「夕刊フジ」や「J-CAST」などのゴシップ系メディアからはソースは取りたくないのですが、

iPad「もう飽きた」の声 「重たい」「使えない」と不満(Yahoo―J-CAST)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100721-00000001-jct-sci

数日前にJ-CASTが発したiPadに関するこのいわゆる「ネガキャン?」記事ははっきり言って「馬鹿じゃねーの?」と言いたくなる様な記事だったので遅まきながら取り上げます。

まず、その「ネガキャン」ソースが「2ちゃんねる」だということ。つまり、まともな「取材」をしないで記事にあげているということです。これがCNETやITmedia、engadgetなどのIT系メディアであればこんな「適当な」取材で記事に載せることは間違いなくありえません。

次に、これが非常に重要なことなのですが、「記事を書いた本人が」iPadを利用した上で「使えるか、使えないか」ということを判断した記事ではないということ。これって間違いなく問題でしょ?上記とも関連するけど、ソースを確認したうえで検証してから記事にすべきなのに、実際には真偽入り混じっているソースだけで決め付けて記事にしてしまっているわけで、こんなレベルの記事だったらはっきり言って自分でも書けますよ?こんな適当なソースで記事を書いて金をもらう、本当に「馬鹿じゃねーの?」といいたくなってしまいます。

このいい加減な「ネガキャン」記事を書いた記者には、このブログ記事を見て、その上でiPadをある程度利用した上でもう一度記事を書き直せ、と言いたい。でもゴシップばっかりを捜しているJ-CASTの記者だから無理か。

ヤフー、グーグルの検索技術を再導入

Twitterを流し読みしていたら、検索エンジンでメシを食っている人にとっては非常に重要な情報が・・・。

Yahoo! JAPAN、Googleの検索エンジンを採用(engadget Japan)

Yahoo! JAPANの検索エンジンがグーグルに--検索連動型広告も導入(CNET Japan)

実際にグーグルからもリリースが出されているので、紛れもない事実なのでしょうが、ヤフーとしてはヤフー独自のサーチ(YST)はもう使えないという体勢になったのでしょうか?そうでなければ一旦関係を打ち切ったグーグルの検索技術を再び導入するということは考えないはずですから・・・。

これで大変になるのは、いわゆるSEOでメシを食っている人たちで、よりグーグル向けにSEO対策を講じなければならなくなったわけで、この対応に終われる日々が続きそうな予感です。個人的には、このブログは圧倒的にグーグルからの検索からきており、ヤフーからは全くといっていいほどこないので、このヤフーの方向転換は非常にありがたいわけですがw

タイミングが悪いぜ・・・orz

今日、アップルストアの銀座と渋谷にあの慢性品不足品である「iPad Camera Connection Kit(以下、カメコネ)」が大量に入荷しているらしい・・・。今から行っても到着した頃にはすでにないことは確実だし、それにしてもタイミングが悪いぜ・・・orz

それでも、遅くとも8月12日にはオンラインストアから来ることは決まっているのだから、もう少しの我慢ですね・・・。

2010年07月24日

HTC Desireって、本当に売れたの?

モバイル:スマートフォン「Desire X06HT2」発売 初代は予約・販売終了へ(毎日)

ソフトバンクモバイルは22日、スマートフォン「Desire(ディザイア) X06HT2」」(台湾HTC製)を9月下旬以降に発売すると発表した。8月3日から予約を受け付ける。4月27日に発売された初代「X06HT」は「想定以上に売れて、予定台数に達したため」(ソフトバンク)7月29日で予約を終了する。

 「X06HT2」は、米グーグルが開発した基本ソフト(OS)「アンドロイド」を使った端末で、縦約12センチ、横6センチ、厚み約1.2センチで重さ135グラム。無線LAN機能付きで、カラーはブラウン1色。初代端末との違いは、ディスプレーが有機ELからTFT液晶に変わったことのみで、変更によって、電力消費量が減ったという。「X06HT2」の価格は未定。

ていうか、本当にDesireの初代機って本当に売れたの?という疑問が消えないわけです。先発のAndroid機であるドコモのXPERIAがかなり売れた上、現在は市場でも潤沢にあるのに対して、Desireはほとんど見かけませんでしたよ?ソフトバンクの言う「予定台数に達した」というのは絶対にウソでしょう。逆に数量限定で販売する、というのであればちゃんとそういう風にアナウンスしろよ・・・。ただ、せめてもの罪滅ぼしという感じでOSのAndroidのバージョンアップはするからいいものの・・・。

JALの更生計画

日航更生計画案固まる 債権放棄5200億円、同意へ(朝日)

1月に経営破綻(はたん)した日本航空が求めている債権放棄(借金の棒引き)などの金融支援をめぐり、日航側と主要取引銀行の交渉が決着する見通しになり、日航の更生計画がまとまることになった。計画の柱は総額約5200億円の債権放棄と3500億円の公的資金注入。日航と管財人の企業再生支援機構はこの計画を8月末に東京地裁に提出し、経営再建を本格化したい考えだ。

12年度末の資産超過1436億円=日航、今年度末に地裁管理脱却へ―更生計画案(Yahoo―時事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100724-00000010-jij-bus_all

いろいろとJALと主力銀行の更生計画に関するかけ引きはあったものの、ようやく更生計画がまとまったということになるようです。ただし、あくまでもこのまとまった「更生計画」をいかに忠実に実行できるかということが問題になってくるわけで、JALに関わる全ての人が「更生計画はこういうものなのだ」という共通認識を示すことがこれからは非常に重要になってくるのは言うまでもありません。

もう落ちるところまで落ちてしまったのですから、あとは這い上がっていくしかありません。

| 倒産

iPhoneアプリから投稿してみた

seesaaブログはiPhoneアプリに対応しているので、試験的に投稿してみました。もっともiPhoneではキーボードがちょっと小さいのでipadで書いているわけですが。

このブログは引用記事を取り上げるのがほとんどなのでiPhoneから投稿することはあまりないのかもしれませんが、気分転換や無線LANのあるスポットで気になった記事を書くのには適しているのかもしれません。

ヤマダなどの家電量販店、出店投資を抑制へ

ヤマダ、出店投資3分の1 国内飽和、大型店抑制に転換 (日経)

家電量販店最大手のヤマダ電機は2010年度に、出店投資を前年度比3分の1の350億円に減らす。出店数も今期は25店と2割以上減らし、投資のかさむ都市部での大型店を抑制。2位のエディオンも投資を今年度に3割減らす。各社の大量出店で市場が飽和しつつあるところに、年末のエコポイント制度終了に伴いテレビなどの販売が失速すると判断、出店抑制にカジを切る。

ヤマダは06年以降、大阪・ミナミや東京・池袋などへの出店を加速。出店関連が大半を占める設備投資額は09年度に1100億円まで膨らんでいた。今春の新宿(東京)進出で大都市部での大型店立地はほぼ一巡、今後の国内出店は原則、郊外とする。投資が年間500億円を下回るのは04年度以来、6年ぶり。

ということは、ヤマダ電機は、日経でも書かれていたことがあった「有楽町の西武百貨店の跡地となるところ」や「名古屋駅前の松坂屋があった(ある)ところ」への出店はしない、ということなのでしょうか?これまでのヤマダは特に最近は秋葉原・新宿・新橋・池袋など大都市部への出店を積極的に行っていただけに、おそらく出店戦略の方向転換といってもいいのかもしれません。

そのかわり、今は特に中国(市場)に関心があるようで、日本は最低限の出店にとどめて中国でタネを蒔こうということなのかもしれませんね。

2010年07月23日

iPhone 4のケース無償配布についてアップルからリリース

アップルがiPhone 4のアンテナ問題について、ケース(バンパー)を無償配布するということを発表して数日が経過したわけですが、その方法がようやくリリースされました。

iPhone 4 ケースプログラム

iTunesからケースプログラムのアプリ(無料)をダウンロードして、あとはiPhoneにつないでプログラムに従うだけですが、バンパーだけでなく、サードパーティーのケースも選べるようになっています。

早速利用させていただきました、注文したのはバンパーではなく、Incase社のケースをチョイスしました。3〜5週間かかるということなのでおそらく到着するのは8月の終わり頃でしょうか。来るとわかっているものなので、気長に待ちます。

それと、7月末頃にリリースの予定であったホワイトですが、大幅にリリースがずれ込むようになったようです・・・。



KDDI 1Q決算

スマートフォンでは大きく遅れをとってしまったKDDIですが、それでも営業利益の大半はけいたい電話事業であり、固定電話事業が相変わらず振るわないことを考えると、スマートフォンはともかくとして、携帯電話事業でKDDIらしさというものを見せ付けないと何か尻すぼみになってしまうのではないでしょうか・・・。それと早くWiMAX事業も採算ラインに乗せていかないと非常に辛い状況になっていきかねませんが・・・。
タグ:KDDI 決算
| 決算

2010年07月21日

Apple 2Q決算結果

米アップル、売上高過去最高 iPad効果で6割増(日経)

米アップルが20日発表した4〜6月期決算は売上高が前年同期比61%増の157億ドル(約1兆3700億円)となり、過去最高を更新した。純利益は78%増の32億5300万ドル(約2850億円)。高機能携帯電話(スマートフォン)「iPhone(アイフォーン)」や多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」の好調な販売が収益を押し上げた。

 1株当たり利益は3.51ドル(前年同期は2.01ドル)だった。スティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)は20日、「アップルの歴代製品で最も好調な滑り出しをみせた『iPhone4』や『iPad』を含めて予想を上回った」と声明を発表。「年内にまだ驚くような新製品を出すつもりだ」と加えた。

米アップル売上高、過去最高=iPadなど寄与―4〜6月期(Yahoo―時事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100721-00000036-jij-int

まぁ、この四半期にiPad(及びその関係アプリ等)がリリースされたわけですから、日経の記事のとおりiPadがAppleの2Qの業績に大きく貢献したことは間違いのない事実でしょう。当然管理人もこの期間のAppleの業績に微力ながら貢献したわけですがw

問題なのは次の3Qで、この四半期に業績に大きく貢献するのはiPhone 4だった・・・はずですが、先日の会見で大いに叩かれた問題が発生したことを認めたことがこの四半期の業績にどのような影響を及ぼすかということが(悪い意味で)注目になってしまいますね・・・。

さらに、最後のほうに注目すべき文言が。

「年内にまだ驚くような新製品を出すつもりだ」

Appleのことだから、当然(良くも悪くも)注目してしまいますよね・・・。
| 決算

2010年07月20日

カメコネの出荷予定日が

これまで4〜6週だったのが、今日から2〜3週と半減してますよ!これまでよりも品薄状態が解消したのでしょうか?

ということで、今日アップルストアオンラインで注文してみました。家に届く予定日は3週間目の8月12日(出荷は8月10日)ということですが、この夏はどこも旅行に行く予定もないし、まぁいいかなと(この日あたりに来るという安心感があるからね)。ヨドバシと掛け持ちの形になってしまいますが、どちらかが早くすれば片方をキャンセルすればいいわけですし。

でも、おそらく先に来るのはアップルストアのほうだったりして・・・。

(追記)

注文はiPhone 4の3G回線から行いました。なぜかわからんけど、家では有線無線問わずLAN経由ではオンラインで注文ができないんだよ・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。