2010年06月30日

CCC、HMVの買収を断念

「TSUTAYA」のCCC、HMVジャパン買収を断念(日経)

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は30日、音楽・映像ソフト販売大手のHMVジャパン(東京・港)の買収を断念した、と発表した。全株式を保有する大和証券エスエムビーシープリンシパル・インベストメンツ(DPI)と金銭面で折り合わなかったほか、HMVの不採算店が予想以上に多かったことなどを問題視したとみられる。

 HMVは約350億円とみられる売上高の約半分をインターネット通販で稼いでいるとされる。ネット通販事業強化を狙うCCCは3月、HMVの全事業取得に向け、DPIと交渉に入った。

 ただ、HMVは東京・渋谷の旗艦店を8月に閉鎖するなど全国約50ある店舗事業は、音楽配信サービスの台頭などにより、苦戦が続く。CCCは運営するCD・DVDレンタル・販売店「TSUTAYA」と仕入れなどを統合しても、さらなるHMV店舗の閉鎖は避けられないと判断したもようで、買収断念につながった。

HMVの事業の取得の見送り及び独占交渉期間終了のお知らせ

TSUTAYAのCCCが、予定していたHMVの買収を断念したということです。日経の記事を見る限りでは、一言で言えば「投資する割には買収効果が得られない」ということで、「HMVがあなたの近くのTSUTAYAにやってくる」ということは幻に終わることになります。HMVとしては「頼みの綱」を失うことになるのでますます苦境に陥ることは間違いないでしょうね。

そもそも音楽CDなどの購入がリアル店舗からiTunesなどの配信にシフトしつつあるので、そういう層を取り込むのもキツイなとCCCは考えたのかもしれませんが・・・。

2010年06月29日

雑誌総合アプリ「ビューン」、iPad wi-fiに限定して配信再開

定額コンテンツ配信サービス「ビューン」 iPad向けにWi-Fi限定で再開(Yahoo―ITmedia)

いわゆる雑誌総合配信アプリの「ビューン」が本来の配信開始初日からいきなり鯖落ちで当分の間配信を止めざるを得なくなる事態になっていましたが、鯖やシステムなども増強したのでしょうか、とりあえずはiPad wi-fiモデルにのみ配信再開ということになったようです。30日間はお試し期間として無料配信なので(iPadの産経新聞アプリもたしか30日間は無料配信)、試してみようと思います。

先に書いたKindleの件といい、日本においては電子書籍(ビジネス)は始まったばかりで未だにネガティブな要素がたくさんあるわけですが、こういったものから徐々にそういう世界が広がっていくのではないでしょうか。ただし、電子書籍が進んでいくからとって紙の書籍がなくなるのかといえば、それはないと思います。紙には紙なりのメリットというものがあるわけですから。

ユニクロ、マレーシアにも進出へ

マレーシアでの合弁会社設立のお知らせ

ほぼ全世界レベルで進出しているファーストリテイリングのユニクロ(ブランド)ですが、今度はマレーシアに進出するようです。当然それだけの市場規模・市場価値があると判断して進出する(予定)ですから、成功するために頑張ってもらいたいものですね。

Kindleアプリ、androidにもリリース

Amazon、Android向けKindleアプリをリリース(ITmedia News)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100629-00000004-zdn_ep-sci

何で「iPhone」のアプリにはあって「android」のアプリにはないの?という感じであったAmazonの電子書籍「Kindle」アプリが今日からandroidでもリリースされたようです。このニュースを見て、XPERIA持ちの管理人も早速調べたところ、確かにandroidのKindleアプリを見つけました。

内容的には大体同じようですが、

「27日にアップデートされたiPhone、iPod touch、iPad版Kindleにある動画および音声の再生機能はAndroid版にはない」

という違いもあるようです。一応インストールはしてみますが、iPhoneアプリにしてもandroidアプリにしてもKindle本体が日本語対応になっていないので、アプリも当然英語、日本語対応になっていません。英語が不自由に感じなければおそらく必須のアプリになるのでしょうがね・・・。

iPhone 4が発売3日間で170万台と売り上げたといいますが・・・

「iPhone4」3日間で170万台販売(Yahoo―読売)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100628-00001179-yom-bus_all

管理人も発売初日に運よく入手することができたAppleのiPhone 4ですが、初期発売の5カ国の3日間の売上累計は170万台だそうです。じゃぁ予約した人全員にiPhone 4が行き渡っているのかといえば、間違いなく「ノー」です。アメリカ本国はともかく、日本でも予約システムが「落ちた」ことの影響もあってか、予約初日に予約した人でさえも入手できていないという状況になってしまっています。このような状況にSteve Jobsが「申し訳ない」とコメントを出す有様となってしまっているわけです。

もう一つ、日本においてiPhone 4が混乱に陥っている理由が、予約者を差し置いて(?)アップルストアなどで発売日に当日販売を行ったことで、「何で予約した人には入手できるかどうかわからないのに、当日並べば入手できることになるんだゴラァ!!」という予約者の不満です。現実に、いつ入手できるかわからない全国のソフトバンクショップでの予約を半ば捨ててアップルショップで予約しなおすという現象も起きているようです。入手したら入手したなりの問題も発生していますが・・・

ただし、これはiPhone 4の「ブラック」についてのみの台数であって、技術上の問題があって発売が遅れている「ホワイト」が発売されていればその何割かが上乗せされる上、発売されても間違いなく品薄に決まっている「ホワイト」の予約が殺到すれば・・・。更なる混乱は必至でしょうね。需要と供給のバランスがとれるのは、かなり先のことになりそうです。

2010年06月28日

第一生命 株主総会

第一生命が初の株主総会、渡辺社長「IR、企業価値向上に取り組む」(日経)

第一生命保険は28日、4月1日の株式会社化後初の株主総会を開いた。国内の上場会社で最多の株主数を有する同社の総会開催場所は千葉市内の幕張メッセ国際展示場。基準日にあたる4月16日時点の株主数137万1035人に対し、委任状も含めた参加は38万5949人だった。

 総会では、上場後の株価が低迷していることをただす質問が相次いだ。これに対し渡辺光一郎社長は「(生保の企業価値を示す)エンベディッド・バリュー(EV)の向上などが世の中にまだ理解されておらず、等身大の評価をなされていないと認識している。しっかり投資家向け広報(IR)していきたい。企業価値向上にも取り組んでいく」と説明した。海外展開など成長分野を強化していくことも強調し、中国市場への進出について「ベストなタイミングに来ている」との認識を示し、「早期の進出を実現するため準備を進める」と意欲を示した。

第一生命 株主総会 株価低迷で批判相次ぐ(Yahoo―毎日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100628-00000007-maip-bus_all

鳴り物入りで上場を果たした第一生命の「初の」株主総会(これまでは相互会社だったので、総代会)が行われましたが、一部の株主からは「何で株価が下がっているんだゴラァ!!」という詰問が相次いだようです。初値の14万円くらいから一時的に16万円くらいまでは上昇したものの、それ以上は上がらず下がっていく一方ということで株価が上がってくれるものと期待していた株主の怨嗟の声がその場で噴出したということのようです。

ただし、まだ上場して2・3ヶ月ですから、ましてや長い付き合いとなる生命保険会社の上場価値というものは短期間で下すべきものではないと思っています(もちろん今後も右肩下がりになっていったとすれば、それはそれで問題ですが)。株主さんももう少し長い目で見てあげましょうよ・・・。

2010年06月25日

ソフトバンク 株主総会

ソフトバンク社長、NTT光回線「分離の議論、避けて通るべきでない」(日経)

ソフトバンクは25日、定時株主総会を開いた。NTTの組織見直しを巡る光ファイバー通信網分社化の議論について、孫正義社長は「構造分離の議論を避けて通るべきではない」との考えを改めて示した。

 ソフトバンクが出資する中国アリババグループのネット通販、淘宝網(タオバオ)については「成功しており、まだまだ大きく伸びる。資金も潤沢に回っている状況なので慌てて上場する理由はない。いずれは上場するが、年限はまだ決まっていない」と説明した。

iPad、iPhone両方買って! 株主総会で孫社長“絶口調”(産経)

 ソフトバンクの定時株主総会が25日、東京・丸の内の東京国際フォーラムで開かれた。孫正義社長は、米アップルのiPadとiPhone4について、「坂本龍馬の時代の武士は(刀は)二本差しだった。現代の最強の武器を手に入れて、つねに持ち歩いてほしい」と、株主に両方の購入を薦めるなど、売れ行きと同様に“絶口調”だった。

ソフトバンクの株主総会について、日経は生真面目に「今後の光回線について」のことを中心に、産経はバカ売れはしている(そのため現在も絶賛品不足中)もののその販売方法に賛否両論があるiPhone・iPadについてのことが中心に書かれていて、それぞれの新聞のスタンスが対照的になっているのがわかります。

管理人は運よくiPhone(4)・iPadともに入手することができたわけですが、その販売方法についてはいろいろと議論があるので、少しでも早く需要と供給のバランスが一致させるように頑張ってもらいたいものです(もちろん、アップルが商品の管理をしているわけで、アップルの意向に絶対に従わなければならないという辛い面はあるわけですが)。

たしか、この株主総会の後に孫社長曰く「大ボラ吹き大会」が行われる(というよりもう行われている)ので、覗いてみるといいかもしれません。

2010年06月24日

iPhone 4を受け取ってきた

CIMG1398.JPG

CIMG1399.JPG

というわけで、iPhone 4の引取りを済ませました。本当にギリギリまで待つことになったわけですが、確保の連絡がきてからはそんなことはどうでもよくなるのだから、現金なものですwww

ちなみに、ヤマダ電機東松山店のiPhone 4確保状況を聞いてみたところ、

16GB 1台(=自分の予約分)
32GB 1台

計2台しか自分の行った時点では確保できていなかったこと、仮に32GBの予約をしていたら、当日の引渡しはできていなかったかもしれなかったとのことでした。あくまでも予想ですが、ヤマダ東松山については今日の朝にやっと入荷したという可能性が高いでしょう。予約当日の30分前に来ても予約の列?何それ?的な雰囲気(=東京都心部のような殺伐とした雰囲気は皆無)の場所ですから、その2台の確保さえも難儀を極めたものかとも思われます。

また、予約時に各地で問題となったWホワイトなどのオプション強制加入ですが、「解約するためにはどのような手続きが必要か?」と聞いたところ、その場で解除してくれました。これは各地の皆さんがTwitterなどで声を上げてくれた(そして孫社長がそれに応える形となった)成果だと思います。あと、「おまけ」のFONルーターを頂いたとともに、「お父さん」のクリアファイルとミニノートを頂きました(これらは他の場所でもあげているのか?)。

結論としては、iPhone 4のような間違いなくブランド価値の高いものについては、アップルストアやプライオリティの高い家電量販店で場所と時間が合えばそういったところで予約するのが安心といえば安心です。ヤマダ東松山のような競争がまったくと言ってもいいほどない場所でも早く行けば何とかなるのかもしれませんが、非常に不安になることは間違いないでしょう。

これから徐々にいじっていきます。お目当ての「iMovie」アプリも早く購入しなければなりませんからね・・・。

iPhone 4、「一番乗り」は日本ではなくフランスだった!

iPhone4発売で早朝から長い列 孫社長「大きな進化」(日経)

ソフトバンクモバイルは24日、米アップルの新型携帯電話「iPhone(アイフォーン)4」を発売した。東京・渋谷の「ソフトバンク表参道」では、午前8時に販売がスタート。事前予約した人に加え、当日販売分を目当てに並んだ300人超が順次入店した。

 発売イベントに出席したソフトバンクの孫正義社長は「今回の製品は現行機に比べてはるかに大きく進化した。予約者すべてに本日お渡しできないのは心苦しいが、一日も早く対応できるようにしたい」と述べた。

 24日は日本のほか米・英・仏・独でも販売が始まる。

<iPhone4>ついに発売 表参道には約300人行列 孫社長、品不足を陳謝(Yahoo―毎日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100624-00000009-maiall-bus_all

iPhone 4が発売されましたが、世界で最初に販売されたのは、何と日本ではなくフランスだった(Ustreamのカウントダウン中継でソフトバンクも認めた)!というオチがありました。毎日では行列ができたと書いていますが、これはあくまでもアップルストアやプライオリティの高いソフトバンクショップや家電量販店のみで、日本全国ではまだ手にできる人は少数だということをメディアは認識していただきたい。

昨日までにこの日に入手できる人・そうでない人の連絡が全国的に行われたようですが、今日になってもその連絡すら来ない人もいるわけです。かくいう管理人もその一人です・・・orz 早く連絡しろよ、ヤマダ東松山・・・(追記9:50ごろ、連絡キター!!!!!!!!!!!ので取りに行きます)。

ちなみに、一時的に打ち切られていたiPhone 4の予約が再開されるようです。初期ロットでこのような状況ですから、今日からの予約組はいつ入手できるかは全く不透明ですが、もし仮に予約していない状態であったとすれば、管理人はアップルストアか、今日一部で当日販売しているプライオリティの高い家電量販店で行うと思います。

2010年06月23日

日産 株主総会

日産が株主総会 ゴーン社長の報酬8億9000万円(日経)

 日産自動車は23日に横浜市で開いた株主総会で、カルロス・ゴーン社長の2010年3月期分の役員報酬(株式購入権=ストックオプション含む)が8億9000万円だと明らかにした。株主からの質問に答えた。日産によると、同社長を含む役員6人の報酬が年1億円を上回る。

 報酬総額が1億円以上なのはゴーン社長のほか、志賀俊之最高執行責任者(COO、1億3400万円)、コリン・ドッジ副社長(1億7600万円)ら。ゴーン社長は総会で、役員報酬の決め方について「会社の業績、役員個人の実績、ほかの国際企業の役員報酬データを参考にしている」と述べた。

日産ゴーン社長の報酬8億9千万円…国内最高(Yahoo―読売)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100623-00000517-yom-bus_all

日産自動車のトップであるカルロス・ゴーン氏の役員報酬はストックオプションを含めて約9億円近く、ソニーのトップであるストリンガー氏と大体同じくらいの報酬ということになりますね。ゴーン氏の場合は危機に瀕していた日産をあっという間に立て直すことができた「素晴らしい経営者」というイメージがありますから、ストックオプションを含めた役員報酬の額についてもなんとか許容範囲として認められるのではないでしょうか(もちろんちょっと高すぎるのでは?という批判もあるにはあるでしょうが)。

何度も書きますが、ちゃんと企業のマネジメントを忠実に行っていればそれだけの責任がある以上それなりの報酬を得ることは何の問題もないと思っています。逆に破産した旧商工ファンドのように無理矢理(オーナー独裁・専権)で役員報酬を上げることのほうが問題であることは言うまでもありません。

三洋 株主総会

電池へ6割1700億円投資 三洋、株主にパナ連携も強調(産経)

 三洋電機は22日、大阪市内で定時株主総会を開催した。昨年末にパナソニックの子会社となってから初の総会で、過去最多となる2591人の株主が出席した。株主からは「三洋は良い商品をつくっているが、店頭ではあまり見かけないい」「パナソニックのブランドで売った方がシェアが上がるのでは」などと両社の連携強化を求める質問が相次いだ。

 佐野精一郎社長は「パナソニックと総合力を発揮し、韓国などの海外勢に負けない態勢を早くつくる」と応じる一方、「三洋として特徴のある商品、ブランド力の強い地域については積極的に事業展開していく」と答えた。

三洋電機の株主総会は「パナソニック絡み」でキツイ質問が相次いだようですね。結局三洋単独では経営がキツくなってしまったがためにパナソニック傘下になることを選択したわけですが、株主からしたら「パナソニックとの連携効果を早く出せや」というところでしょうね。三洋の経営陣も「さようでございます」としか言えないところが非常に辛いわけですが・・・。

2010年06月22日

ニトリ 1Q決算

平成23年2月期 第1四半期決算短信

ニトリの今期の滑り出しも非常に順調なようですね。こういったマスメディアに数多く取り上げられた企業は、餃子の王将含めそのPR効果というものは絶大ですから、余程のスキャンダルが発生するかあるいは賞味期限が切れない限りは「右肩下がり、何のことですか?」という状況が続くのかもしれません。もちろんそれだけの企業努力を重ねているということが前提になりますが。
| 決算

「祭り」はもう始まっている・・・

今日の未明に、

アップル、iPhone/iPod touch用の最新OS「iOS4」公開(Yahoo―RBB)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100622-00000002-rbb-sci

の「ダウンロード祭り」が行われたようですが、その「iOS4」が初めからインストールされている「iPhone 4」の「祭り」=発売日当日に購入できるか否かという連絡がすでに始まっています。最初は直営であるか否かを問わずソフトバンクショップで「発売日当日購入可・不可」の連絡がありましたが、現在はヨドバシなどの家電量販店でもその連絡が行われているようです。

ただ、全体の傾向として、どうも発売日当日の購入数>予約者数になっている傾向が強いようで、しかもアップルストアはともかく、プライオリティの高い家電量販店で予約なしの当日売りが行われることが予約者の不安をより増大させているのが現状のようです。かくいう管理人もヤマダで予約した(しかも予約開始直後)クチなのですが、そのヤマダの情報は現状ではほどんどないので、非常に不安でなりません・・・。

みずほ 株主総会

みずほFG総会、増資への質問相次ぐ(日経)

 みずほフィナンシャルグループは22日、都内で株主総会を開催した。塚本隆史社長は冒頭のあいさつで、2009年度は「足元固めの1年」だったと述べた上で、決算が期初予想を上回ったことを強調した。一方、5月の普通株式の発行登録や、10年度の予想配当を前期から2円減配することを受け、塚本社長と傘下のみずほコーポレート銀行、みずほ銀行の両頭取の役員報酬を7〜9月の3カ月間、30%カットすると表明した。このほかの取締役と執行役員は同期間、10%カットする。

 株主からは「株主総会後に増資計画を発表するのか」といった増資に関する質問が相次いだ。会社側は「市場の状況を踏まえ適切なタイミングで実施したい」との回答に終始した。

みずほの株主総会は増資(をするかも)という件に質問が集中しましたか・・・。みずほの本音をしては、MUFGもSMFGも増資をしたのだから、うちだって(増資はしたいに決まっている)ということのはずです。ある意味銀行業界特有の横並び主義をあからさまにしたいはずですが、株主総会の場ではそれをさらけだすのはよくないということで上記の記事のような回答に終始したものと思われます。いずれ増資をすることになるのでしょうが・・・。

2010年06月21日

富士通 株主総会

富士通株主総会、野副氏問題の経緯説明 時間最長に(日経)

富士通は21日、横浜市内で株主総会を開いた。野副州旦元社長が「昨年9月の辞任は不当だった」と訴えている問題を巡り、間塚道義会長がこれまでの経緯を説明。「野副氏の問題と事業とは切り離し、毅然(きぜん)とした態度で臨む」と強調した。時間は169分で過去最長。会社側提案を原案通り可決した。

 野副氏が申し立てた地位保全の仮処分申請は第一審、第二審ともに退けられている。間塚会長は「当社の言い分が全面的に認められた」と正当性を主張した。

“お家騒動”ウソ辞任理由など陳謝 議案は可決、富士通株主総会(Yahoo―産経)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100621-00000572-san-bus_all

上場企業は株主総会の真っ最中で、その企業特有の問題について突っ込んだ議論がなされていますが、富士通の場合は役員人事をめぐるドタバタ振りが議論の中心となっていたようです。こういった問題は「言った」「言わない」で真っ向から対立してしまうのが常ですが、出席した株主はこういった問題に対してどう考えていたのでしょうか。当然こういったドタバタ振りを世間に晒すのはやめてほしいというのが本音でしょうが・・・。

それと、今なお入手困難になっている(発売時よりも)AppleのiPadですが、たしか富士通が商標を持っていてその商標権をAppleに譲ったはずですが、そのことの詳細(いくらで商標権を売ったのか、など)を聞いた株主はいなかったんでしょうかね・・・。もちろん両者間の秘密保持契約で言ってはならないことなのでしょうが・・・。

2010年06月19日

本体よりも品薄!? iPadのCamera Connection Kit

今日は、あるものを探しに池袋→新宿→渋谷を回ってきました。その「あるもの」とは・・・。

「iPad Camera Connection Kit(以下、カメコネ)」です。

管理人は鉄道旅行が趣味で、旅行をする際に当然あちこちの写真を撮るわけですが、iPadのアクセサリーであるカメコネがあればその場で撮った写真をiPadに取り込むことができる優れものなので、iPadを購入する時に同時に購入できればよかったのですが、気づいた時にはiPad本体以上の品薄状態となってしまい、アップルストアのオンラインでも1ヶ月以上は待たないと入手できないという状態となってしまったわけです・・・。

一縷の望みを託して行ったのが

池袋ビックカメラ
ヤマダ電機池袋(総本店・モバイルドリーム館)
新宿ビックカメラ
ヨドバシカメラ新宿西口
渋谷ビックカメラ
アップルストア渋谷

ですが、ものの見事に「全滅」でしたorz

なお、iPadの純正ケースも欲しかったのでヨドバシ新宿西口で購入したついでにカメコネの予約もしておきました。状況が状況だけに気長に待つことにしますよ・・・。

2010年06月18日

まさか「その日」になるとは・・・。auのスマートフォン発売日

〈お知らせ〉 auのスマートフォン「IS02」の販売開始について

まさか、「その日」とかち合ってしまうとは・・・。

というのがKDDI関係者の本音ではないでしょうか。上記リリースのとおりKDDIがスマートフォン「IS02」を発売するのですが、「その日」がよりによって「6月24日」、つまり「iPhone 4」の発売日とかち合ってしまったわけです。世間的な話題としては当然iPhone 4に向くに決まっていますから、KDDIのスマートフォンについては「え、KDDIのスマートフォンなんて売ってたの?」というような反応しかしないのは目に見えてますよね・・・。

USEN インテリジェンス全株式の譲渡を正式発表

連結子会社の異動(株式譲渡)に関するお知らせ

すでに報じられていたとおり、USENはインテリジェンスの全株式を譲渡することを正式に発表しました。これで入ってくるカネは約325億円ですが、この全てが債務返済に消えてしまう、つまり生きたカネとしては全く残らないということですから、経営的に苦しいのは変わらないですよね・・・。

ソフトバンク、iPhone 4の予約を今日で一旦打ち切り

iPhone 4予約販売について

<iPhone4>予約殺到で受け付け中止 一部店舗で当日販売も(Yahoo―毎日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100618-00000026-maiall-bus_all

ということで、15日の予約開始から4日でiPhone 4の予約は一旦打ち切りということにしたようです。「ソフトバンクモバイル」ということですから全国のソフトバンクショップはもちろん、家電量販店でもおそらく予約は打ち切りとなるのでしょう(後者については確認に行ってきます。ソフトバンクはもちろん本国のAT&Tでも予約が殺到して、おそらくこの時点で第1次ロットの在庫が一杯になったのでしょう。

その代わり、上記リリースにあるアップルストアや家電量販店の大規模店で当日売りがあるようです。当然行列必至となるわけですが、管理人はそういった行列には参列せず、(そもそも購入できるかどうかもわからんし)15日の予約開始直後に一番乗りで予約できたヤマダ電機東松山店で発売当日に受け取れることを願って静かに発売当日を待ちますよ。

(追記)

そういえば、iPadも予約開始から3日程度で一旦予約の打ち切りを余儀なくされたんですよね。そのときはあまり日を置かずに池袋のヤマダ(総本店)に行ったら運よく購入できたわけですが、iPhone 4の場合はどうなるんでしょうかね・・・。

武富士 資金難!?

武富士、資金繰り綱渡り 資産売却計画は難航(asahi.com)

この朝日の記事を見る限りでは、武富士は相当の資金難に陥っているようです。営業収益も往年の面影は全くなく右肩下がり、一方で過払いの返還利息は右肩上がり、予想では来年度には返還利息>営業収益という状況(あくまでも予想にすぎませんが)ということになると、当然その先にあるのは倒産です。

斜陽産業になってしまった消費者金融業界、そしてその中でのトップであった武富士の凋落をみると、中の人は気が気でないでしょうね・・・。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。