2010年05月28日

そんなに「業界最安値」の称号がほしいのかね・・・

松屋フーズ、牛丼を250円に値下げ  業界最安値へ(日経)

松屋フーズは6月1日から8日まで、牛めし(並、通常価格は320円)を業界最安値の250円で販売する。並盛りだけでなく、牛めしの大盛りやセットなど6メニューも70円下げる。全約750店のうち、関西2府4県の105店については8日以降も値下げを継続する。

 牛丼(並)は現在、ゼンショーの展開する「すき家」が280円、吉野家が380円で販売している。

つーか、そこまでして「業界最安値」の称号が欲しいのかね?という気がしてならない松屋の更なる牛丼値下げですが、松屋の場合であればカレーなどもありますからそれで値下げ分はカバーできるという算段なのでしょうが、それでも必ず値下げの限界は来るに決まっています。おそらく「すき家」のゼンショーもこれに黙っているわけはないでしょうから、同レベルでの値下げを行う可能性がありますね・・・。以前にも書きましたが、勝手にやって体力を消耗してください、という感じですね、ここまでくると・・・。

iPad発売

長らく時間的にブログの投稿ができない状態にありましたが、今日からまた時間が取れるようになったので再開します。投稿再開第1弾は、すでにご存知のとおり今日の朝8時から発売されたiPadについてです。

表参道のソフトバンクショップや銀座のアップルストアでは長蛇の列ができたそうですが、他の地域では並ばずに購入することも可能だったようです(ソースは2ちゃんねるのiPadスレ)。このiPadですが、やはりご存知のとおりアップルストアはともかく、家電量販店やソフトバンクショップの全ての店舗で購入できるわけではないこと(なので、一部の都道府県ではiPadを店頭で購入することができない)で波紋を呼んでいますが、在庫もあるところはあるようです。

管理人は今日の「祭り」には参加できませんでしたが、興味のアイテムであることには間違いないのでお金ができたら買おうと思っています。ただし、どのようにして使おうか・・・。購入してもいないのに購入したことのことを考えてしまっています・・・。
タグ:iPad Apple 

2010年05月08日

iPadも扱うのは「ソフトバンク」

当初の販売予定日より1ヶ月ずれ込むことになったAppleのiPadですが、発売日が5月28日と正式決定したうえ、取り扱う日本での通信業者はまたしても「ソフトバンク」となりました。

iPad、日本ではソフトバンクモバイルが提供(Yahoo―RBB)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100508-00000000-rbb-sci

iPhoneの争奪戦に勝利して莫大な収益源を確保できたソフトバンクですが、そのアドバンテージでもあったのでしょうか、やはり争奪戦になったはず(ドコモもiPad用のSIMを販売する準備はできていると公言していたため)のiPadも結局は同じ事業者が扱ったほうがいいとAppleが判断したのでしょうか、結局勝利したのはまたしてもソフトバンク、ドコモは「涙目」となってしまったわけです。

iPadの予約も来週の10日から開始ということになるわけですが、本国の需要と供給のバランスの関係から、ソフトバンクの新スマートフォンのように予約でしか対応しないということは十分にありえるので予約するならば早めにしたほうがいいにこしたことはないでしょうが、ソフトバンクショップでは扱う店舗が限られているようです。う〜ん、管理人の場合はヤマダ電機に行くしかないのか・・・。

(追記)
(1)巷では「SIMロック」の限定解除ということがささやかれていますが、iPadは「SIMロック」がかかっているようです。ということで販売できる通信事業者はソフトバンクだけということになります。

(2)iPadの契約は「クレジットカード」を持っていないとできません。これってどうよ?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。