2010年01月29日

王将 3Q決算&上方修正

平成22年3月期 第3四半期決算短信

平成22年3月期(第36期)業績予想の修正に関するお知らせ

相変わらず絶好調な「餃子の王将」ですが、3Qでも好業績は変わらず、通期の上方修正に加えて配当も増配修正ということです。今のところ王将にとっては「メディアに取り上げられた」付加価値が非常に高いというのが強みになっているわけで、当分はこの付加価値が好業績を支えてくれることになるのでしょう。


| 決算

東邦グローバル ほとんど下限に近い新株予約権行使単位修正www

今日はゲンナリするくらいに3Q決算リリースが出ていますが、限られた分だけ3Qについては投稿しようと思います。

3Qから離れて、東邦グローバルはとうとうほとんど下限に近いレベルで新株予約権の行使単位を修正しましたねw

新株予約権の行使価額の再修正に関するお知らせ

ていうか、ほとんど東邦GA自体の株価が価値がなくなってしまっているのですから、もう新株予約権の行使などしないでしょう。東邦としてはカネが欲しいに決まっているのですが、これでは欲しいカネも入ってきませんよ・・・。このようなボロ株がJAL株よりも生き続けることができるわけですからね・・・。

「iPad」はどちらのもの?

Appleが鳴り物入りで発表した「iPad」ですが、何と商標の出願自体は富士通(の米法人)が先に行っていたようなのです。

「iPad」富士通がすでに商標申請 米アップルと係争も(Yahoo―産経)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100129-00000507-san-bus_all

富士通とすれば、「ウチが先に商標の出願を先に行ったのだから、Appleはウチに先に話を通すべきじゃなかったの?」というふうに言えるわけですが、ITmediaの記事によれば、確かに商標の出願は行ったけれども、まだ商標の登録自体はされていないようです。この点が富士通としてはAppleから指摘されればちょっと困ることになるでしょうが・・・。

(追記)

日経は富士通が商標登録を「した」と書いています。一体どっちが正しいんだろう・・・。

ただ、Appleって、現在スマートフォンをリードしている「iPhone」も発表してから一悶着起こしていませんでしたか?どうもこういった点についてはAppleの「驕り」が見えてしまうように思えてなりませんが・・・。

バナーズ また上方修正キター!

バナーズのリリース

あの「ボロ株」バナーズが、先ほどの上方修正に続いて、「また」上方修正を発表しました。正直言って信じられないのですが、逆に言えば、ちゃんと真面目に「実業」を行っていればボロ株企業といえども業績はあとからついてくるという証明にもなるわけですよね。ただし、決算期になって大幅下方修正を行うのでは?という疑念も消えないのは確かですが・・・。
| 決算
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。